< ペンション 馬の宿><こだわりの鍋と炭焼き 夢窓庵>はここをクリック

2018年01月14日

久し振りの晴天


こんな青空久し振りだ!

2018年01月13日

今朝の夜明け

width="442" height="307" alt="" />
今朝5:30分、育成場に向かう「ペンション馬の宿」の前から
久方の吹雪の合間
-8度と今季一番の寒さかな
タイヤが路面にへばり付き
滑らず運転はし易い
スピードにも寄るけれど

今朝は4時に起き、夢子と一緒に
3誌の新聞に目を通す
時折人生欄の投稿を見て、様々な一生に思いを馳せる

あと半年で75歳
俺の人生に休み、休日などは思いつかない
いつか息子に言われた事がある
「休みの無い仕事なんか誰もやらないよ」
「お前はアメリカの学校でそう云う教育を学んで来たのだから
それはそれで良いのじゃないか、俺たち日本人は風邪ひいたり
怪我でもして体が動かなくなったら、・・・それが休みだ!」

俺に定年なぞ無い!体が動く限り、馬と共に歩く
真冬のどんな寒さだろうが、寒さなぞ堪えないさ・・・
(本当はズボン下、二重の綿入りズボン、その上に防寒ズボンを穿いている)
何が困るって、オシッコ!愚息も寒いので中の方に、ちじ困っているから
引き出すのに、アレ~今日は何枚穿いていたっけな?何て考えながら探し出す
急ぐ時は困るんだよね~、だから朝はお茶を飲まない!

それでも、馬が好きなんだな~
周りの育成者のように、この馬はここでデビューさせ、相性は芝だの砂だの
距離はどれが良いなどと、そんなもの知らない
まずは、体調を万全にしてベストの状態で育成場から送り出す!
それが俺の仕事だ・・・

北海道の冬は寒い!
したから・・・こんな綺麗な朝焼けに出逢えるんだべさ。

2018年01月07日

リーチザクラウンの1歳③


明けて1歳に成ったサンデーサイレンの3×3牡馬です。
遅生まれでどの位成長してくれるか、楽しみと不安が交差しています
馬主登録されている方6人で所有、成長を応援して下さい。

リーチザクラウン2


リーチザクラウンの1歳


2018年01月06日

沢山のお年賀有り難うございます!。

毎年、年賀状が倍々で増え夫婦で嬉しい悲鳴を上げております
中には5年振りでお便りをくださった方も居り、感激でウルウルです
転勤で昨年来れなかった方、いろいろな事情があって2年来れなかった方
お子さんがお生まれになって来れなかった方、様々ですね

最近はご家族の写真をプリントして送ってくれる方々多くて
とってもリアルに喜んでいます、「馬の宿」の宝物です。

今年もどんな方々が帰って来て頂けるか、厳しい冬を、戴いたお年賀を抱きしめ
お待ち致しております。

皆様、お体だけは大切にして下さいね。
ホースヴィレッジ・ペンション馬の宿  スタッフ一同

今年は本当に天候不順だ!

今朝も育成場に向かう道すがら救急車とすれ違う
昨夜からの雪で、スリップ事故でも起こしたのだろうか
235~6号線の夜明け前は怖い、大型車ががんがん飛ばして行き交う
特に海岸線はカーブが多いので恐怖さえ感じる
ただ救われるのは風が少ない事だ、これに風が付いたらもうお手上げ

スナイプ君の今日は、ウオーキングマシーン1時間その後ロンジング場で
放牧2時間のメニュー、AM10時から骨の成長を見るためのレントゲン撮影のため
少し時間が有るので様似の高村牧場に顔を出す、珍しくご夫妻が在宅されて見え
1歳馬の話や昨年のセリ市の話題などで話が弾む。

国道256号から車で10分位の距離の所なのに積雪が多いのに驚く
高村婦人からも「宮下さんの方は雪は如何ですか?」
「うちの方は海岸沿いなので風で飛ばされて雪は余り有りませんよ!
 その代わり体感温度は低く感じられますね、ですからここで生まれた三四郎も
馬服を着せてあげないと可哀想なんですよ!」
いつか、高村婦人が三四郎の顔を見に来て頂いた時の言葉が頭を横過ぎる
「宮下さん、少し過保護じゃないですか、家では馬服など着せていませんでしたょ」
その時はあえて反論をしませんでしたが、昨今の気象状況をみると、
ここは国道から内陸部に10分位入った所ですが、海岸部との相違を痛感しました
うちの海岸線の延長で、つい先だっての強風で灯台が根元から折れたのですから・・・。

今日も4時頃三四郎をマンションに入れました、ヤッパリ過保護かな?・・・

2018年01月04日

ユーミンと夢子


お家にもチワワを飼っているらしく
安心して抱かれている夢子です
ちなみに、ご主人のK介さんの膝にも乗っていました。

2018年01月03日

サンちゃんです


少しスリムに成りました?。

正月明けのスナイプ君


元気一杯です。

カレンダー


2018年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

アーカイブ

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
あなたは人目のお客様です。
本日は人目のお客様です。
昨日は人のお客様がいらっしゃいました。

Powered by
Movable Type