« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月11日

気まぐれクラウン

 昨日の旭川競馬4レースに、気まぐれ王子のクラウンが走った、気が向かなければ走るのを止めてしまう困った奴だ、中央競馬未勝利馬で、能力は有るのだが人の言う事を聞かず真面目に走らない困った王子だ、ナイター競馬で5時の発送なので浦河を11時出発、車中ハンドルを握りながら、前回のレースを思い出したくないが回顧する、前回はどの新聞を見ても(専門誌は2社しか無いが)皆上から下まで◎印で結果は大きく離れて3着、クソ~気まぐれクラウン~め、思い出しても腹が立つ、オット、アクセルの踏みすぎだ、測定の警官と目が合った、ドンマイドンマイ。パドックに馬は来て入ないがないが掲示板の体重欄を見ると-6の数字が双眼鏡で見える504kgだ、少しでも細くなりホッとする、王子が入ってきた、今日も走るんだか走らないんだか分からない顔してる、それでも胴回りがホッソリ見える、騎手を乗せ馬場に入りウォーミングアップを開始した、頭お下げ素晴らしいフットワークでキャンターに入った、今日は走る、そう直感した。一番外枠なのでゲートに最後に入るため、出やすい体勢なのだが出遅れる、前回よりはましだが、出てからのスピードに少し乗り遅れる、スタートしての1ハロンが鍵だ,先頭の馬から5馬身ぐらいの差で中団に付いている、3コーナーを過ぎるとスーと3番手に上がった、直線に入り先頭の馬とは3馬身ぐらいだ直線中ほどで、並ぶ間もなく前のの馬を交わし先頭になる、1馬身半の差を付けて勝った、3人でバンザイ\(~o~)/してると、回りの人たちが不思議そうな顔をして笑っていた、チョッとつと恥ずかしかったが、この勝利の喜びの意味が君たちには分かるまい、気まぐれ王子が真面目に走った記念すべき日だ、このまま真面目に走ってくれれば、JRAカムバックも夢ではない、気まぐれ王子のオーナーのワガママオーナーに一矢報いられるど、昨夜の激励会でオーナーは(心にも無いのだが)負けたら肉にすると、宮下さんパドックでよく馬に言ってやつてくれ、と酔っ払ってノタモウテタ、帰ってクラウンの前で頭を下げさせなければナランゾ~。

2007年07月23日

例によって、つぼ八。

 7月21日の土曜日、気まぐれオーナーの義弟さんからTELが入る、(宮下さん、空いてるかい?)私はクラウンのレースが1週延びてしまい予定だと今夜は、馬をトレセンに送り出し、ゆっくりとレースまでの5日間どんな展開のレースになるか、酒でも飲みながら自分なりのレイアウトし、どんな勝ち方をするかニヤニヤしながらビールを飲む、つもりだったのだが、1週延びてしまい明日は休み無し、太る馬なので楽させる訳にはいかない、今年は冷夏で、朝など14度ぐらいしかない日が有るので、今の時期体調管理が大変だ(口を聞いてくれたらな~と困るといつでも思う)。てっな訳で、5時半につぼ八に行く、気まぐれオーナーは宴会の時間が早すぎる、なんて思いながら、いつもの一番奥の席に着くと誰も来ていない、うん?と思って振り向いたら気まぐれ会長のお出ましだ。今夜はクラウンが初戦の時、厚別から旭川まで応援に来てくれた、安達さんご夫婦が浦河に遊びに来たので、その歓迎会を会長が催してくれたのだ、道庁のOBだそうで会長の義兄になる方で、昔お世話になったそうだ、私も何度かお会いしているが、カラオケの好きなとても好い(昔は堅物が顔にに出てるが)人生の先輩だ、会長のブレーンは、とても好い方々の集まりだ、昔、共に苦労した時代の人達を、30年~40年過ぎた今でも大切に、上下無く、仲間として親交を深め、絆を大事にしている、本当は、けして気まぐれなどで無い、人の痛みの分かる、おもいやりのある、人情もろい、そして努力家の(どんな努力か?てか後で出てくる)立派な方だ、だから人も寄る(クラウン分かったか!)奥方には頭が上がらないけど、ウヒヒ。続く~

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2007年07月

2007年07月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type