« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月 アーカイブ

2007年09月11日

もぅ少しだ、クラウン!

 会長から、明日いよいよ中山競馬場でクラウンが記念すべきJRAカムバック第一戦に出走するから、今夜は前祝と宮下君の壮行会を5時半につぼ八でするから、との電話、大型台風の接近で飛行機が飛ぶか心配しているのに、もう!。専門誌を見ると全紙,中で字が書けるほど見事に真っ白けで、印が無い。今夜は会長やけにピッチが早く4杯目を空にした、5杯目になると、そろそろラッパが吹き出す、隣の弟さんに、明日はお前の給料全部賭けろと盛んに進める、横の奥さんには、かあさん明日50万貸してくれ、2000万にして返すからと手を合わす、隣の20人ほどの婦人バレーボールの優勝パーテーが盛り上がっていて会長の話が聞こえないが、確か酔っ払っていて舌が絡んでいたが、単勝で100倍、複で20倍と叫んでいたように聞こえた、それだけ付けば買い方で2000万には成るな~、クラウンが来ればだが、いや来るかも知れないな~、明日6時に家を出て空港に向うから、後は寝てから夢を見よう。     9日、日帰りのスケジュールなので帰りの便の確認、19時30分を予約、中山に向う、中山競馬場に行くのは10年振り位に成るだろうか、日帰りなのでなるべくロスを少なくするため、級友の田村にアクセスを頼む、羽田空港に着くと間もなく田村から電話が入る。押上、青砥、柴又と40年振りのホームの名を見る、朝が早かったせいか、昨夜の会長のラッパが効いたのか、ウツラウツラしていると、会長の2000万の話が、頭の中を走り始めた、ヤバイ外の景色でも見よう。パドックの一番前に陣取り、様子をビデオに収める、そして改めて馬体を眺める、20キロ減の割にはフックラしている、一走毎にテンションは上がってきてる、今日は30度を越す暑さなのに、あまり汗をかいてないのが気になる、馬場入りが始まったので、4階の馬主席に移動し返し馬の様子を双眼鏡で追う、佐藤哲三騎手に肩ムチを入れられ気合を入れられる、良いフットワークだ、動きも軽い、ゲートの後での輪乗りの感じも良い、こりゃー走るかもしれないど~、会長のラッパが聞こえた、ア~!ファンファレーだ!馬券買うの忘れた。例によって出遅れ、一番ケツだ、あ~~~~4角を回っても一番ケツだ、ウン?エンジンか掛かり出したか?一気に来た!!~~抜いたこと無いけどゴボウ抜きだ~、3着、疲れた~、でも信じてた脚を、大舞台で見せてくれた、クラスなんて低くても良い、あの豪脚を中央のフアンの前で見せ付けたことに、気まぐれラッパ?失礼!気まぐれ会長も涙しているよ、(本当は純粋な方なんだぞ)調教師そして担当厩務員の矢作君有難う、きっと夢はもっと拡がると思うよ。あ~そう云えば2000万の話聞かなくちゃ。

2007年09月14日

3着でも祝杯だ!

 千歳に着いたのが9日の22時、それから車で2時間チョッと、家に着いたら日付けが変っていた、最終レースの日帰りは年寄りにはキツイわ。いつもどうり4時に起き、スポーツ紙を新聞受けに取りに行く、無い!きょうは休刊日か、仕方なく近くのコンビニに向う、近くと言っても車で10分はかかる、右手に太平洋の白波が朝日を受けピンク色に光っている、砂浜には流木が打ち上げられ、旅の終わりの傷ついた体を静かに横たえ、遥かなる故郷の音を偲んでいるようだ。買った新聞を、もどかしく開く、昨日の3着は夢で無いだろうな?そんな心配をしながら気まぐれクラウンの、失礼!、チェリークラウンの名を探す、勝った馬との差は少し有るが、カムバック初戦なら上出来だ、すごいぞクラウン!。調教を終え会長の所え顔を出す、開口一番会長が、今夜一杯やるゾー!。昨夜レース後、一杯やりたかったらしが、宮下さん帰ってきてからやろう、と待って居てくれたらしい、会長の心境が分かるだけに嬉しかった、きっと昨夜のうちに、クラウンは走るぞ~!と浦河の町を丁度夏祭りだし神輿でも担いで触れ回りたい所だと思う、それぐらい思い入れの深い人だ、会長に飼われた馬たちは本当に幸せだと思う。いつものメンバーが顔をそろえた所で、乾杯!~、何んに?そりゃ~分からないけどカン~パ~イ!。

2007年09月15日

育成仲間!

 昨夜の酒の残る中、中札内に住む、持田氏から電話が入る、今夜あたり体開いてます?2~3日チョッとハードだったけど、そー言えば4~5日前に持田氏から、8日から、そちらに1週間ほど実習指導に行くから食事でもしましょうと、電話が入ってた事を思い出した、いいよ!で決まり、呑む話は決まるのが早い、さてと何にするかな?家の下の炉辺で炭でも起こして、ジンギスカンでもするか、早速肉やに行き生ラムと生ホルモン、魚屋でコマイと朝イカの一夜干し、野菜と買い込む。6時過ぎ炭を起していると持田氏が来る、まずはビールで乾杯!(何か、昨日から乾杯ばかりしてるな~と、ひとりで可笑しくなる)、近くの育成場のハッピーネモに従業員の実技指導にきているとの事だ、良かったら根本さん呼んだら、持田氏に伝えると、いいですか?と電話をかける、近くなので10分ほどで到着、今年の7月のセリで申し込んだ馬全部、売却したそうで、まずはオメデトウだ、(また乾杯だ!)そしてしばらくしてから、仕事を終えた渋谷君が到着、早田牧場以来15年振りぐらいかな?相変らずやさ男だ、そして乾杯!。酒が進むにつれ、これから馬の世界はどうなって行くんだろうと、熱い話、根本君は若いスタッフを育てるのに非常に前向きだ、情熱が感じられる、現在でも育成場経営者の中で注目を浴びて居るひとりで、多くの生産者の預託馬を管理、セリで販売成績を上げている、彼と酒を交わすのは初めてだが、爽やかな好青年だ、そして真面目さが伝わってくる、若いスタッフの為に、技術者を自腹で1週間も呼んで実習させるなんてなかなか出来る事ではない、金儲けしたら1円でも吐き出さないのが、この辺の経営者だ、人は利益を得たら人に社会に還元しなきゃ(私は飲み屋に還元し過ぎて失敗しましたが)それに感動して力を貸している持ちゃん、君も男だ!さすが外国帰りだ!(チョッと古いかな)、人は自分で大きくなるのでは無く、信頼が人を大きくさせてくれる、日々努力、そして人脈を大切に、必ず成功するだろうと信じる男からの、老婆心。渋谷!お前は駄目だな、いつまでもお坊ちゃんが抜け切らないみたいだな~、人がいいのが顔に出ているものな~、でもね、15年振りでも、昔と変らず狡さが、微塵も無い、お前はお前で、それが財産だと思うよ、きっとお前の人柄を認めてくれる人が現れるよ、少なくても、此処に一人居るからな。

2007年09月16日

64歳、まだまだ夢の途中。

 私達の仕事は、夢は、一人では到底叶えられない、生産する人が居て、その馬を買ってくれる人が居て、育成する人が居て、装蹄師、獣医師が居て、約1年近くを費やし、7~8分仕上がって、所属のトレセンに入り、1~2ヵ月後にはレースに出走する、調教師、厩務員は馬が賞金を得れば、収入と成る、私達育成者は、何の還元も無い、馬が無事に走ってくるの願い、着差に一喜一優するだけだ、そしてクラッシックに出る事を願い馬の手入れをしている、育成場で働いている連中は、動物が好きで、特に馬好きと云う仲間が多い、地方競馬の厩務員に何人か向けてやるのだが、ほとんど帰ってくる、私も元調教師だったので、帰ってくる意味が理解出来る、ベストコンデションで出走している馬など何頭も居ない、経済動物として走らされている馬が多い、そんな中でもレースを使わなければ成らないジレンマ、それに耐えられなくて、私も競馬場を去った。帰ってくる子供達は純粋に馬を愛している子が多い、肩が痛い、腰が疲れてる、それでも使われている事に、幼稚かもしれないけれど可哀想としか理解できず、お金になら無くても、牧場が良いと、澄んだ眼で言い切る、こんな子供たちに試練と言う事も教えながら、今年10月から入ってくる馬達に夢を架けよう。

2007年09月19日

敬老の日

 孫から、小さな鉢には入った花が届いた、男の子と女の子なのだが、それぞれの花器にメッセージが添えられていた、嬉しく何度も読み返していると、キッチンから、(いつまでニヤニヤしてるの!まだ64歳じゃ敬老には早すぎるんだからね!敬老なんて80過ぎてからよ!)オレを80歳まで働かせる気だ~ァ。夜、栃木のおふくろと女房のご両親から、花を贈ったお礼の電話が入る、おふくろは電話の向こうで泣いている、連れ合いが無いと淋しいのだろう、敬老の日にも色々な形がある、明日はわが身だ、考えさせられるが答えが見つからない。

2007年09月24日

鮭釣り

 家ノ前の、今朝の鮭釣り風景です。
%E9%AE%AD%20004.jpg

2007年09月25日

北キツネ 

 最近、家の近くに住み込んでいます。


画像の確認

赤とんぼ

 赤とんぼの群れが、全て太平洋に向って飛んでいます、その先に羽を休める所は無いのに・・・・・。

画像の確認

十五夜?

 
十五夜の月に送られて、チエリーターン今頃どの辺かな、満月がやけに綺麗だな、29日のクラウンの印みたいだな~、明日の午後、検疫を終えたら、2週間前に同じ厩舎に入った、チェリーレインボーに会えるぞ、会ったら仲良くオレの悪口でも言ってろ、怪我スンナよ、お前たちは同じような性格で、ヤンチャだから心配だよ、今度のボスは、マイク握らしたらプロ級で優しく歌うけど、ムチ握らせたら怖いゾー、天下のマルゼンスキーも恐れを成してたんだからな、顔色よく見て挨拶しろよ、最近は今夜の十五夜見たいな顔になって、穏やかそうだけどな?。

満月

利根川の上流にある、渡良瀬川の、ススキの一杯生えた堤防で、母親の手を握り、大きな満月を見上げていたっけ、河原を吹く風も満月も変らないけど、オフクロ随分小さくなったなー。

2007年09月30日

頑張っているよクラウン!

 昨日、クラウンの応援に中山競馬場に行って来た、今回は会長も行くと云うので、・・・・心配だった、勝ったら、こうしよう、負けたらどうしようと、頭の中をクラウンよりも速いスピードで駆け巡る、そう言えば昨日云っていた、勝ったら泊まって祝勝パーティーだ!会長そうノタモウて居たのを思い出す、空港の駐車場で愛車のセルシオの車のトランクから、小さな小旅行用のスーツケースを引っ張り出してる、・・・頼むぜ・・・クラウン~。会長、空港に着くなり、腹、減った!と奥さんに空弁を頼む、宮下さん!俺、もう一個ぐらい平気で食べれるよ、空弁の豚丼を空にして、奥さんに聞こえるように眼で訴えている、本当に70歳かよ、怪物だ~、朝2時に起き、ランニングマシーンを40分乗り、ひと汗かいてから、風呂に入り、それから食事をして、NHKの英語講座を学習する、このパターンを6~7年毎日続けて居るそうだ、クラウン!少しは見習えよ、本当に尊敬する、並みの人じゃないわ、豚丼じゃないぞ!人生だゾー。馬体重486キロ、-4キロ、体重よりも細く見える、チョッと毛艶に張りが無いように見える、大丈夫か?少し会長のスタミナ分けてもらうか?、同行した奥さんの弟さんは熱心に、馬券の検討をしている、前回6万なんぼ当ててるからな~、5,000円で。もう一人の同行者、奥さんのお姉さんのご主人は、空港から競馬場まで、通過するホームの駅名を眼で追い、道庁の職員の頃、訪れことのあると云う名を見つけ、感慨深げである、馬券はクラウンの単勝しか買わない、道庁役人のOBらしい堅物だ。返し馬に入り、軽快なフットワークでスタンド前を通過、追う双眼鏡にも力が入る、(゜o゜)オーイ右目のピントが合わないよ~。最後にゲートイン、また左右を見てる、大外枠だもの、お前の外に馬なんて居るわけ無いだろー!モゥ~!ン?でも出た、スタートして400mで15馬身以上置いていかれた、いつもの事だが、淋しくなるよ~、3~4コーナーでエンジンが懸かりだす、直線向いて大外から来た!らしけど?スタンドのモニターテレビに映らない、双眼鏡で見つめるけど、ピントが合わないよ~、(今度クラウンが勝ったら、良い双眼鏡買うゾー、)来た!来た!クラウンがそこにいるぞ、行け!行け!~、写真判定の3着・・・・・。前走も上がりタイム36.8、今回も37.4と
いつも最速の上がり時計で走破している、クラウン!大したもんだよ、・・・。オーナーも、師も満足しているよ、君を世話してくれている厩務員もね、そして気まぐれクラウンの頃、散々手こずらせた牧場のスタッフも。君の豪脚に感動してるフアン(不安じゃないぞ、・・・少し有るけど・・・)が少しずつ増えているのも嬉しいよ、君に、1番ベストの距離を見つけるまで、もう少し頑張ってくれよ!” オーナー夫妻、喜んで1日中ビデオを再生して見てるって。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2007年09月

2007年09月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年08月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type