« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月01日

コンサドーレJ2優勝とJ1昇格おめでとう。

 冷えてる北海道、頑張らなくちゃ!うちの馬もG1とは言わないが、せめてG3ぐらいには出て欲しいよな~。

2007年12月02日

穏やかな日曜日。

 日曜日の朝、静かに静かに、刻が流れていく、ひと月前に産まれた仔犬たちが、お腹を満腹にし、一匹はジュータンの上、一匹は自分たち専用のマットの上、そしてもう一匹は、私の膝の上、妻の沸れてくれた、薄めのコーヒーを口に運び、窓の外では、悲しい儀式の母馬と別れされた仔馬たちが、もう落ち着いたのだろうか、顔をつき合わせて草を食んでる、うちでも3匹の内、誰かはもらわれて行くのだろうが、この仔犬の温もりが、一匹でも消えるのは不憫でならないが、親の心仔知らずで、すやすやと、時々寝言を言いながら、寝ている、日高の山々も朝日を受け積雪がピンク色に染まり、前浜の波も穏やかに寄せ返している、遠くで日高線の汽車の音が、心地よく体に響く、白鳥の居る元浦川の陸橋を渡る音だ。

2007年12月05日

冬本番

 今日は、朝から寒かった、日中もずーと気温が上がらず、いよいよ冬本番だな 。こんな夜は、薪ストーブでも囲み、前浜で獲れた一夜干しのイカや、ホッケで一杯やりたいな~、これからは星も綺麗だし、北斗星を眺めながらの、立ち小便もいいもんだ。オ・ワ・リ


 


                                                                           
    

2007年12月11日

美浦へ

 12月6日、PM:9:15分苫小牧~八戸便のフェリーで、チェリーレインボー、チェリーターン、チェリーゴロンタの顔を見に美浦に向った。AM5:30分八戸港を出発、まだ真っ暗だ。一路東北道を目指す、大型車両が多く追い越される度に煽られて怖い、花巻辺りで夜が明ける、ホッとする。郡山の常磐道分岐に急ぐ、ビデオ撮るのに3時ごろまでに美浦トレセンに着かなければ撮影出来ないし、先生方は明日レースなので迷惑かける訳にはいかない、3:30分到着。最初にターンを見る、家を出るとき430kgだったので細化を心配したが、何本か追いきられた割には、お腹もゆとりが有るし、気性も、ヤンチャ坊主が少し大人になったような気がする、毛艶も良い。レインボー、何で走らないんだろうと?思うくらい良い体をしている、馬格はオープン並みだ、あんまり会長を悩ますなよ。ゴロンタ、体も締まりスッキリしてきた、後は追い切りタイムがもう少し詰まれば、会長もニッコリするんだろうけどな。まぁ、会長も1歳が6頭居るので、だんだん1歳の方に夢を向けいるし、来年デビューするまで桜井ファミリーで夢を語り合うさ、つぼ八で。

2007年12月13日

夫婦と犬2匹の旅

 栃木県野木町にある、実家の解体のため、必要な品物を取りに来い、と云う訳で、品物の載せられるキャンピングカーで出かけた。PM9:15分発の苫小牧~八戸行きのフェリーで向う、6時頃苫小牧埠頭に着く、乗船手続きを済ませ、早速女房の作った、昼飯の残りのおにぎりをパクつく、船内のレストランで夕食を、と思っていたけれど、甘かった、もったいない!でオワリ。8時に乗船だが、車が大きいためにトラックと一緒の扱いで最後に回される、一番速く来たのにとブツブツ隣で言ってる、重量のバランスを考えてコンピューター処理されているのだろうな~と感心する部屋に入り、持参した泡盛のお湯割を飲む、犬たちは喜んでベットを飛び回っている、女房は?洗面所のタオルやら歯ブラシの入ったセットをバックに詰め込んでいる、外は真っ暗な海だ。続く

2007年12月24日

クリスマスイブ

 例により、夜明けと言うには早すぎる真っ暗のなか、引き戸を開け、外に出ると雪が降っている、風も無く静かな雪だ、まだ降り出して間がないのだろう、5cmぐらいの深さだ、今夜はホワイトクリスマスかな?、何に対しても感動が乏しくなった自分が、淋しい。 

2007年12月31日

冬の雷

 夜中に、大きな雷の音で目が覚めた、窓の外を覗くと雪で真っ白だ、今年は雪が多いな。今日は31日の大晦日か、寝床の中で今年一年を振り返ってみる、色々有ったな~、馬に関しては、やはりクラウンとの出逢いが、大きな、そして大切な出来事だった、クラウンが、多くの人の出会いのステージを造ってくれた、わたしも、あと残された人生で、働ける年数は何年も無いだろう、指折り数えても片手で余る、何よりもマイナス思考に追い込まれる時期だったと思う、それが気まぐれクラウンのお陰で、歳を忘れて、本気で彼と相撲を取れ、やる気の血を甦らせて呉れた、そして苦悩の中から、喜びと多くの人達に素晴らしい感動と勇気を与え、励ましてくれた、ありがとうクラウン、夜中の雷より、もっと大きな衝撃の大輪の花を、来年は気まぐれクラウンのファンに届けような、無理をせずに。

初めての芦別

 妻の実家、芦別に29日の早朝5:20分に向った、低気圧が来て大荒れの予報が出ている、予報を気にしながら犬4匹妻1匹を連れ、まだ真っ暗の路を進む、山に入っても、雪がちらほら降る程度で一安心、日高町に入る頃に夜が明ける、家の屋根には、けっこう雪が積もっている、

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2007年12月

2007年12月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type