« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月 アーカイブ

2008年01月01日

元旦

 小雪の降る中、元旦の朝を迎えた。年始に前の浜の母さんと娘さんが、仔犬を見がてら来てくれた、昼近くに、ようやくお日様が顔を出し初日の出となった、一面銀世界の正月は最近記憶に無い、明けて1歳馬達が元気に雪煙を上げて飛び跳ねている、白鳥や小鳥達が雪のためか餌が無いのだろう放牧地の中まで入り餌を啄ばんでいる、明日は、仏様に上げた、ご飯を下げ鳥達にあげるか、天気が良かったから、もう大分溜まっている、それにしても静かだ、嫁や孫の声も聞けたし良い正月だ、今年も女房と、犬達4匹で頑張るか!。

2008年01月02日

海も凍れてた

 今朝は寒かった、-8度、海を見ると、遠くのほうまで霧のようなベールに包まれている、寒い朝にだけ見える現象で、早速カメラをバックに入れ写真を撮りに向う、寒い~、砂浜が凍れてカチンカチンだ、さすがにカモメも居ないや、フードを被らないと頭がジンジンする、しかし幻想的だ、やはり厳冬のこの時期に川に見られる、川霧が凍るときに起こる現象とよく似てる、それにしても寒いわ~。

画像の確認

2008年01月05日

スーパーベビー

 我が家の仔犬達も、昨年の10月25日に産まれてから、今日で70日目を迎える、風邪ひとつ引かず元気に家の中を走り回っている、食事も1ヶ月もしない頃から離乳食を平らげ、親の固い餌を強奪に行き、平気でガリガリ音を立て食べている、便の方を心配したけれど、健康その物だ、もちろん歯の生え方も、一日一日、目で見て判るように伸び、タンスや柱など傷だらけで、タンスの引く取っ手など、下の方は皆齧られて無い、うっかりタンスを閉めたら、夫婦ケンカだ、犬の事で。それにしても、昨夜は感動した、夜中、ひばりが、クンクン鳴いて( ひばりは、仔犬の名前、夜中にひばりが鳴くわけ無いよ)ベットを降りる音がした、(ベットでペットと5人で寝てます?)急いで青を抱いて( これも仔犬の名前 )静か後を追うと、水を飲み、それからケージに行ってオシッコをしてる、まだ70日だぜ!青を放すと同じように二人で( 2匹)じゃないぞ!)連れションしている、イヤ~うちの子供たちは天才だ、スーパーベビーだ!ギネスに申請しようかな、時計を見たら1時半だ、ギネスに電話するの、まだ早いな、も少し寝るか。ちなみに仔犬の名前は、ミニピンの仔なので小さいと思い、猫用の鈴の付いた首輪を、診察のレントゲンの結果3匹お腹に居るとの事で、赤、真っ赤、青の産まれた順に付けていき、誰かに貰われていったときに、正式な命名をしてもらえば良いと、思ったのだが、可愛くて上げるの惜しくなってしまい、一人だけ前から約束していた方に、涙が家の前浜の、太平洋まで流れて行くのではないかと思うほど泣いて、手放した、あれから海水が少し上がったみたいだ。そんな訳で、赤が去年の12月25日に、早めにお嫁に行き、真っ赤は (ひばり)と命名)名前の由来を聞かれるんだよな~、・・・・・、何か気付くでしょう~すごく考えて付けたんだから~、真っ赤に燃~える~ウ、お後がよろしいようで。青は自分が、青と云う名前だと覚えてしまった、黒いけど、アオ~と呼ぶと丸くなってスッ飛んでくる、赤どうしてるかな~。

2008年01月09日

朝早く起きる事や、凍れる外で仕事をすることは、可愛い馬達の大きな瞳を見れば、なんもだ、けれどなかなか、馬達が競馬場で良い成績を上げられないのが、何よりも辛い、この道、50年に手の届く歳に成ったが、夢は遠い・・・・・。馬主も調教師も厩務員も、そして我々も、少しでも夢に近い馬を求めて、資源の確保に奔走しているのだが、全てが血統とお金の世界だ、弱小育成場では、道は遠いか~、それでも頑張るさ、弱小育成場のスタッフを信じて、背中を後押ししてくれる馬主さんが、一人でもいる限り・・・、ヤッパリ外は、寒み~や、早く勝ち祝いしてなゃ~。

2008年01月10日

塩辛にじがやいも

 今にも、雪の降り出しそうな西の空を見ていたら、急に、じゃが芋が食べたくなった、それも熱々の芋に、塩辛を乗せて、てなわけで、冷蔵庫を開けたが塩辛が無い、気持ちの変らないうちに、近くのコンビニへと車を走らす、5kmぐらいの距離だが海にかかる雲は真っ黒だ、降る前に帰ってこれるかな、心配だな、と思っていたら、降り出したよ、急いで店に飛び込んで、塩辛の有る棚を探す、3種類が並んでる、裏を返して賞味期限を見る、うるさいんだ内の母ちゃん、字が小さくて見えない、どれも旨そうな事書いてあるし・・・ナ~、店の外を見ると吹雪で真っ白けで何も見えない、とりあえず一番近くにあった、袋を持ち、レジに急ぐ。いや~50m先の電柱が見えない、こんなの何年振りだ~、ライトを点けても、対向車の灯かりが、すぐ近くに来なければ見えない、会長と博さん札幌に向っているけど、大丈夫だろうかな、国道から右に曲がる道が見つからない、追突されないかバックミラーを気にしながら、オッカネ~。塩辛買いに行って事故起したら、又母~ちゃんに何言われっか~。

2008年01月20日

わかさぎ。

 2~3日前、久しぶりに”まさご”に顔を出す、相変らずの穏やかな顔でマスターが迎えてくれる、味噌ラーメンと、妻はカレーラーメンを注文する、妻に入れるカレーラーメンのもやしを、私に入れてもらうように頼む。このもやしに泣かされた、いつも麺は半玉で頼むのだが、マスターの休日に行って来たわかさぎ釣りの話に盛り上がり、言うのを忘れた、味噌味薄口で!までは伝えたんだがな~、ラーメンが来て、もやしを食べども喰えども、減らない!横のかみさん曰く、お父さん美味しそうだね!クソ~・・・・!この汗は苦しくて冷や汗だ~、なかなか麺のお顔が覗けないよ~、麺は延びて増えてくるし・・・・・、半ぶんでギブアップ、しばらくモヤシの顔みなくていい!。わかさぎ釣りの湖まで3時間ぐらいで行けると言うので、明日昼から行くか?と、かーちゃんに話したら、夕飯のオカズにわかさぎのてんぷらが載ってた。

2008年01月28日

① キングだ、クラウン。

 競馬専門紙が近くの、井寒台(地名、イカンタイ、日高で一番良質の昆布の獲れる所)に有るコンビニに運ばれて来る3時半に合わせ、トラックマン達がどんな評価をしているか?期待に胸を張り裂けんばかりにし、しかもドゥ、ドゥと、馬を落ち着かせる様に、はやる気持ちを押さえ、コンビニのドアを押す、ァ~、自動ドアだった、冷静に、(新聞下さい!) ハイ何新聞ですか?(競馬の新聞!)何処の新聞ですか?(ウン中山!)何処の社の新聞ですか?(ウ~ンとクラウンの事を良く書いてある新聞!) 分かる訳、無いよな。いつもなら、う~んと何レースだったっけな?どこだどこだで探すのだが、今回は特別レースで、若潮賞の字が眩しい、そう云えば、会長夫人の言葉が耳に残る、(クラウンもやっと、表舞台に出れるようになったね)、専門紙の記者の中にも、少しだがクラウンを評価してくれる人達が居る、あの差し脚を、ダートでも34秒台で来るあの豪脚を・・・、そうかい、そうかい、江戸っ子だってね、ささ、寿し食いネイ、そ~かいクラウンてな、そんな良い差し脚してんのかい?さ、さ、もっと寿し食いネイ、あんた方記者は出世するぞ!末は知事だ!大臣だ!。でも本当に、気まぐれさえ出なければ、会長が昨夜見た、ウンコに追いかけられている夢が、現実になるかもな?。

② キングだ、クラウン。

 9時半のフライトなので、3時間かかるとして、6時半に家を出れば充分だろうと、勝った時の記念写真用の服を選ぶ、(会長がチェリーストームで勝った時のように、競馬場に着いたら、ウイナズサークルまで行って、シュミレーションして置かなければ、いけないかな?)、そんな事を考えて運転していたら、ラッシュと、道路の凍結で、フライトまで30分しか無いのに、まだ高速を降りた所だ,アセル。1時過ぎに中山競馬場に着く、腹ごしらえをして、予想紙を改めて広げ、あまり馬券は買わないほうなのだが、クラウンの単勝と複勝を、1万円ずつ買う、そして馬主席に戻ろうとすると、宮下さん!と呼び止められた、振り向くと、7~8年前にお付き合いが有り、私が馬主登録を申請した田畑氏だった、私は馬の顔は1度見たら覚える方なのだが、人の顔は余り覚えられない方なので、苦渋の策として、髭をのばしたりして、相手の方に覚えて頂こうと、考えたことの効果があったかな?、名古屋在住で、彦根城の城主であった、井伊直弼公の末裔にあたられる方だ、久しぶりで話が弾むが、クラウンのパドック入りの時間なので、再会を約束してパドックに向う。+12kgだが、そんなに重く感じられない、いい動きをしている、単勝増やすかな~、小西師と会い、体調の良さを話し、右回りは追い出すと少し内にササル事を、騎手に伝えてもらう、気合乗りも良い、(単勝増やすかな。)返し馬も良い感じだ!、(単勝増やすかな)。スタートは五分だが、いつものように先頭からは置いていかれる、それでも1600mの速いペースで中段後に付いている事はペースに慣れて来ているし、真面目に一生懸命走っている、4角を回り、さー、どんな差し脚を見せてくれるか、双眼鏡に力を入れて見つめる、力入れすぎて、ピントがズレタ、正面のターフビジョンに目を移す、蛯名君どーしたのよ、内に入って出れないんでないかい!クッソー・・・・会長、ウンが追い駆けてこなかったわ、力が抜けて腰、立たないわ、博さ~ん元気か~、札幌の場外売り場で、腰ぬかして居るんでないかい?田下氏と二人で。ターフビジョンでリプレイを見る、蛯名ジョッキーの手が、ひとつも推進していない、追われ無いよ・・・・・。中山のオケラ街道を歩きながら、今日のレースを振り返る(振り返りようも無いけど、全然競馬をしてないのだから)、1600mのペースに付いて行けた事、真面目に、気まぐれを忘れた事、間違い無く、豪脚を持っている事、もう距離も、君の性格には合わない短距離では無く、1800m~以上の距離で充分に能力の発揮できるレースにエントリーしよう。もう君は、間違い無く、チェリーのキングになれるよ、淋しいけど、気まぐれクラウンとは、オサラバだね。

続きを読む "② キングだ、クラウン。" »

2008年01月31日

寒い!

 今朝はさみかった!-12℃、調教を終えた馬の息が、鼻の周りの毛に、樹氷のように真っ白く咲いている、人も息を吸い込むと胸がキューンと痛む、鼻毛も凍って痛い、ボールペンも凍ばれて、インクが出なくて書けないでや、でもそんな北海道が好き。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2008年01月

2008年01月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type