« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月01日

呑友

 呑友 などと呼ぶのは恐れ多いが 今酔っ払って 様似から帰ってきた 私より10っ歳も先輩の方に 失礼と思うけど 好い男だ!酒って素晴らしいよね そんな垣根を 取っ払ってくれる なによりも夫婦連れが一番だ ともかく酔っ払った!好い酒飲んだ 終わり。

2008年05月03日

その後のゴロンタ

 4月の29日 五十嵐ジョッキーを背に ゴロンタが道営にデビューした 彼の競争人生で一番のレースを 披露してくれた 4着だが 気性の難しさを 五十嵐騎手がレース後 こう話していた ひさしぶりに追わせる馬に出会いました ・・・ いつの日か コンビネーションの出来たレースを 見たい。

2008年05月07日

花より団子。

例年より 1週間ぐらい早く 桜が花を咲かせた 5月5日の午後 以前から約束していた まさごラーメンのマスター家族 そして 4日ほど前に様似で御呼ばれした 先生ご夫婦を交え 酒宴を開いた  ”薪ストーブの炎を見つめながら 一杯呑みたい” そんな先生の発言から 今日の運びとなった でもふた組の家族には伝えてない。                                           先生ご夫婦が先にお見えになり 早速始める まずは ビールで乾杯!30分ぐらい遅れてマスターが着いた頃は 適度にアルコールが回り始めていた 牛筋に箸を着ける頃には 泡盛となる キンキの飯寿司 雲丹の殻付き イカの一夜干し 天然の岩魚 三石和牛の網焼き そして焼きおにぎり 満足な夜になった。 1年に一度だな~。

水芭蕉

画像の確認
 水芭蕉

2008年05月08日

蝦夷山桜

画像の確認
 チョッと 山に入ると 残雪の中 桜が花をさかせている こんな素晴らしい時間 北海道だけの 財産だろうな。

2008年05月13日

プライベートツアー

 日高地方を 私なりの視野で案内する もちろんメーンは馬達ですが!                    四季を通じての 馬の調教風景・・・ まずは 人の命令に従うことから始める この作業は 人間の子供を躾けて行くことと 何ら変わりはありません・・・ 生まれたての赤ちゃんは 親の言いなりで可愛い・・・数ヶ月すると 自己主張し始め ムズカル その辺りから すでに親と子の 線引きの戦いが始まる・・・ 馬も一緒です 愛情とルールは別物です 大動物は 一度弱みを見せたら 自分の命にかかわります ムチと飴の世界です 厳しくしたら その何倍もの愛情が必要です 叱りっぱなしでは 馬でさえ 決して無いのです・・・その辺が馬と話をする 距離感です・・・ そんな馬達が ゲートから飛び出し 騎手を落とさないように 指示どうりの コースを走り 多くのファンの夢を乗せ ゴールを目指す その先には 人参ぐらいしかないのに・・・ そんな思いを持って 競馬場に行くまでの プロセスを 見てやって欲しい・・・。                                                      そこには 大勢の人達の出逢いがあり 旨い肴と 酒がある (やっぱり・・・酒だ・・・)

2008年05月14日

浦河の桜並木

画像の確認

2008年05月15日

霧の牧場

画像の確認
 今の時期 冷たい霧のかかる日が多い                                        
母は 無関心のようだが ちゃんと子供を看ている 人間の母親に見せてあげたい。


今朝の前浜です。

画像の確認
 霧の 海岸線も良いものですよ 
 浜では 船を下りた 老師が 拾い昆布を集めてました 赤銅色の顔に 手拭いが良く似合っていました 時折 手を休め くわえタバコの煙の中 手を眩しそうに 目の上に当て・・・ 遠い沖を眺めてました若い頃の・・・ 忘れ物でも 追ってるようです・

我が家の桜が咲いた。

画像の確認
 大変だよ!植樹して3年目の桜が咲いたよ 花坂爺さんの心境だ~!                   花見だ!花見だ!花見酒だ~~~ 風薬飲んでからだな。

2008年05月16日

想い。

 妻の敬愛する 兄が亡くなって 間もなく 一回目の月命日を迎える。                     その間 朝な 夕なに 影膳を添える姿に 何もして上げられない自分が侘しい。            おとうさん・・・残された人の気持ち・・・わかる?。                                 みんな一緒に死ねたらいいのにね・・・ 私が10歳年上だけに 言葉が重くのしかかる。         何とかしたいと思うけど・・・  あ~! さくらが咲いたわ。

幸せの・・・

%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E6%97%97%E3%81%A8%E4%BB%94%E9%A6%AC.JPG
 我が家の庭の片隅に 古い電柱を利用した 幟を揚げる柱がある そこに 縦1m横1.5mの黄色の旗が 五月の空に泳いでる。最初は一旗だけだったのだが なんか淋しそうで・・・ スペア用に あと二つ残しておいたのだが そんな訳で 全部繋げて揚げたら・・・ 近所の人達に 怪しまれた・・・ 何か 宗教でも おっぱじめるのですか?だと! 幸せが 通り過ぎないように! この旗に止まるように! 目立つように! そんな願いで・・・揚げてんだ~ いいべさ!

すずらん

%E3%81%99%E3%81%9A%E3%82%89%E3%82%93.JPG
 可憐な花だよね~ ただ眺めているだけで 心が洗われるよ そんなに汚れてたかな? 汚れてる! そんじゃま~しっれい~・・・。

2008年05月21日

チェリーファインの死。

 日本列島を 沖縄からスタートした 桜前線が 昨日 北海道の知床で 最後の開花を告げた日 ファインが死んだ。                                                     体の大きな 優しい 良い仔だったが 少し病弱で いつも治療ばかりされていた 生き物を飼っている以上 死とはいっも背中合わせだけど でも・・・辛いよ。 特に いつも背中に跨っていた 若いM君はひとしおだろう 眼鏡を外し 号泣していた姿が 痛々しかった・・・ M君 あの体の大きな 寝ぼすけの ファインは いっも君の側で 君の技術の成長を見守っているよ 君が短期を起しても ファインは従順に 黙って君の云うこと聞いていた・・・ 器の大きな仔だったな・・・。                       

2008年05月22日

①馬日記~熱き挑戦~クラッシックへの道。

 今年の 2歳のトップバッターとして 来週チェリーブレーヴが 美浦中野渡厩舎に入る          父ダンシングカラー 母レピドール 父の名を聞いても 余りピンと来ないだろうな~・・・私も知らな い この馬との出会いは 荻伏の鮫川牧場で 会長が ハンセルの当歳を 産まれて間もなく買い その後 同牧場で ほかの馬主さんが プリサエスエンドの仔を買ったりして 何度か足を運ぶようになる 5頭放牧している中で 黒くて小さいが 素軽い動きをしている馬が目を引く 鮫川さん!あの黒い馬 何のこ(産駒)! あぁ~あれダンシングカラー! ウ~ン・・・そんな馬・・・居たか??? しかし身のこなしの 良い馬だな~ が! 第一印象だった。 其の後 何度と無く 調教師を見せに連れて行くが 遅生まれで小さい 種馬を知らない・・ で 受け入れてもらえなかった。                     そして 道議選の始まり 明日が投票日と云う選挙事務所の夜 事件が起きた 会長の応援している候補者でもあり 事務所に顔を出すと そこに 選挙運動を終えた鮫川さんが居た!。           あとは 打ち上げと云う事で 一杯が始まり一杯で終わらないのが・・・会長!歳!考えてよ~     そして 次の日 まだ夜明け前の顔で 宮下さん! 鮫川さん所の黒くて小さい馬 貰うことにしたから! 後で見といて・・・ 種馬何? 聞いたけど・・・何だか聞いたことの無い種馬だ!           後日 放牧場で跳んでるのをジッと見てみるが 改めて素晴らしい馬だと 思い入れる 育成所に入所当時は420kg位だったが 今は470kgを超える体重に成長した 全兄弟の兄も 未勝利を勝ち上がった 桜井倶楽部の夢を・・・まずは1勝を・・・ 浦河で応援してるぞ~!

2008年05月23日

②馬日記~アキレス。

 彼と出会ったのは まだ彼が1歳の 雪の残っている 春まだ浅い日だった 5頭の牡馬の中でも ひと際 ずば抜けた体格で金髪の鬣をなびかせ 近寄りがたい姿で 他の馬を威圧し 存在感の有る素晴らしい馬だった。     
 馴致も順調に消化し 大型馬だけに仕上げに少し時間がかかったが 12月10日中山競馬場でデビューを迎えた 12頭立ての9番人気 しかし私達育成スタッフは 単勝 複勝と財布が一杯になるのを信じ買い込んだ 結果は 頭馬から0.3負けの5着・・・ 財布が師走の風に飛んでった~ 3戦目で ティンバーセブンの2着 次の4戦目で ブラックジュニアと1着同着 次走が9着で 休養に入る。
 休養先の牧場で 浅屈腱炎を発症 昨年の7月3日 私共の牧場に戻ってきた 小さなパドックで 余り激しい運動を させないように 忍耐と辛抱で ひたすら 調教再開の日を枕に ジッと夢見てきた・・・
 今年の4月から ウォーキングマシーンに始まり 今 ようやく軽いキャンターを乗れるまでになった
 昨夜 偶然オーナーから電話が入る アキレスが入ってから 状況を尋ねる電話も無いし 気分を害していただが 色々話をしている中 最後に いろいろ ご面倒をかけますけど よろしく御願いします!・・・ これですっかり気分良くして・・・(単純馬鹿は ここが良い) さ~明日から又 ふんどしの紐 締めなおして頑張るか~ 競馬場でオーナーの喜ぶ顔が見たいからな~。
 これからだよ・・・アキレス!一緒にやって見ような なんとか頑張ってくれ!スタッフの皆も おまえの再起を信じているよ!。  

2008年05月25日

③馬日記 ~ 日曜日の朝

 今日は、調教が無いので、7時に馬体のチェックに牧場に行く アキレスの腱症炎の熱も落ち着いている、まずはひと安心。チェリーブレーヴの骨膜炎も、熱が収まってきたので、明日は焼烙治療が出来そう
だ、グロリアスノア・・・ お前が 全て無事に調教をメニューをクリアしているのが・・・心配だ。
 チェリームテキ 明日はソエの2度目の焼烙だ。
 

日高昆布フォーラム。

 女房にせがまれ、女房サービスのつもりで、様似のイベント会場に参加した、オープニングに、福井県敦賀市から、昆布問屋 奥井海生堂の4代目社長 奥井 隆氏が ゲストとして講演を行った パネルを駆使した そして 昆布の歴史と文化に愛情を注いだ 充実した内容の ディスカッションであった、講演後、昆布を利用した アイデイア商品の試食会が催ようされたが・・・素人の家庭料理の域を超え 商品化されるようなものは無い! それよりも、良質昆布様似産として 付加価値を付ける努力をし 製品其の物の販売市場の開拓に力を注ぎ 価格のグレードアップが先決ではなかろうか?様似産の昆布の味~旨味を ぜひ日本に~世界に広めたいものである・・・ 昆布を 料理にどう活かすかは 分野が違う 漁師さんの考える事ではない!アトラクションでは良いだろうが・・・ それより 良い昆布を いかに生産するかだ。

2008年05月26日

④馬日記~今年の2歳~夢は掴むもの。

 ♂ チェリーブレーヴ (父 ダンシングカラー 母 レピドール)
 ♂ チェリームテキ  (父 ハンセル     母 ヤエノオトメ)
 ♂ チェリーグレーン (父 デザートキング 母 マスコットブーケ)
 ♀ チェリーワールド (父 フサイチコンコルド 母 レガシーパーパス)
 ♀ チョェリークイン  (父 ジェニュイン   母 ブイレインボー)
 ♀ チェリーノコイビト (父 スクワートルスクワート 母 キョウワグレイス)
 ♂ グロリアスノア  (父 プリサエスエンド 母 ラヴロバリー)
 ♀ レディームスタング (父 ジェニュイン 母 アイレスタイセイ)
 ♂             (父 マイネルラブ 母 ミヤビビシン)
 休養馬
 ♂   アキレス      (父 スペシャルウイーク) 以上が在厩馬、その他6頭が競馬場に居ます。

2008年05月27日

大荒れの海


⑤馬日記~グロリアスノア~札幌に向けて

 今日の午後 栗東の矢作師が ノアを見に来場 馬体の絞まり具合に満足の様子だった これなら 札幌間に合いそうだね?その答え待ってました、これで 目標を立て ローテーションが組める スタッフの皆と頑張ろうな、いろいろ心配な所はは有るが 注意して見守っていくからな。 

2008年05月29日

⑥馬の夢日記~レディームスタング。

 名前のように うちでは紅一点 入厩当時とてつもなくヤンチャで スタッフを手こずらせていたが 今は・・・やっぱり・・・キカナイ。 440~50kgの普通の馬体の牝馬だったが 本格的な稽古を重ねていくうちに 稽古を”実”にして どんどん成長 キャンター3500mを物ともせず 男馬並みの調教も苦にせず 体重も482kgと大きく 変化した。 来年は~ オークスだ~!。
 この名前の由来は その名の通りで 相応しいと思うが その前の名前の候補が 宮下さん!腰の大きい馬だから ”およね”で  どうだろうか?・・・ オーナーの馬だから 何て付けても良いけど・・・ オーナー! 冗談は顔だけで充分だよ! そしたら!もう1頭の男馬は”松っぁんか~い?!。

⑦馬の夢日記~チェリームテキ。

 28日 BTC1600mダートコースのトラックで グロリアスノアをパートナーに 3500mの後半4Fを18~17とピッチを上げた 体を一杯に使った 柔らかい 良いフットワークで 私の前を走り抜けた この仔も いろいろな病を乗り越え よくここまで来てくれたと 思いが駆ける これから もっとハードに成るけど頑張れよ!

2008年05月31日

⑧馬日記~チェリーグリーン~まだ7分の出来。

 昨日 坂路で ブレーヴと併走し 1本目18~18 2本目15~6の予定が 1本目から15~15で入って
 しまい、 2本目をセーブさせた ブレーヴは 反応が良く 4~5日前に少し気合を入れられたら 今日は ハミ駆かりが全然違う!.
 グリーン! お前はそんなの忘れた・・・どこ吹く風だ・・・で 走っている  お前も一緒に走ったんだど! とぼけのサンタが! まぁ グリーンの一生懸命走る姿を見るのが 今 から楽しみだが・・・。 

⑨馬の夢日記~アキレス四肢打ち替え。

 私達が 一番神経を使うのが 故障馬の蹄鉄の打ち替えだ まして浅屈腱は 特に難しい 装蹄師との信頼関係が 大である。 幸い私の所は 20年近い付き合いをしている 安藤師が居るので 安心をして任せ 稽古を進められる もちろん絶大な信頼関係を お互いに保っている。
 騎乗担当のK君と 毎日の腱の変化を気使いながら 調教のメニューを組み立てていく 再起を信じながら! もちろん 装蹄師と共に・・・
 育成所に居ては 直接賞金には繋がらないが 馬が好きでやってるだけだ・・・ 技術屋は お金じゃないんだよな~・・・ 判ってくれる一言が 欲しいだけさ。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2008年05月

2008年05月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年04月です。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type