« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月 アーカイブ

2009年11月02日

ポニョ日記11-2

                                                              


                                                              今朝も寒かった!

 
 今朝テレビで札幌が
 初雪を観測したのが流れていた

 私は身を持って
 今朝の冷たさを知りました

 ポニョを曳いて放牧をしに行ったのだが
 出入り口のぬかるみで
 ポニョが突然止まった
 皆にいじめられるので
 放牧場に入れられるのがイヤなのだ

 ポニョが急停止したものだから
 後に引かれ
 靴だけが空しく前にあり
 私の足は・・・ぬかるみの中

 靴の有難さが充分感じられた朝だった・・・
 

2009年11月03日

ポニョ日記11-3


 いよいよ寒波襲来だ!
 (右端画面に手袋が映っていてゴメン!)

 今朝車の温度計を見たら
 ・・・???-6,5度!
 寒いわけだ。

 当歳を放牧に行く
 昨日の二の舞は出来ぬ
 一生懸命靴の紐を締め直し
 気合を入れて放牧場に向かったら
 馬達が歩かない!
 ウン・・・???

 そうか・・・
 土が凍れていて肢の裏が痛いいんだ
 産まれて初めての冬だもんナ~ァ
 待ってろ!今防寒靴買ってくるから!
 
 オレの昨日の心境分かるべゃ~。

初冬の海

画像の確認
 11月3日
 -6,5度の朝が来ました

 誰も居ないはずの砂浜に
 釣り人が数本の竿をお立て
 沖合いの裸電球をぶら下げた釣り船を
 カモメと一緒に見つめていました

イカ釣り船とカラス

画像の確認

 朝が仕事の終りの
 イカ釣り船と

 これから一日の始まるカラス・・・

夜明けの釣り人

画像の確認
 きっと 遠くから来たのだろう

 昨夜は寒かったろうに

 馬鹿でも出来ぬが・・・
 利口でも出来ないな~ァ

2009年11月04日

初冬の 夜明け前の海

 もうすぐ 
 海と雲のはざ間が分からない
 鉛色の空の季節が
 やって来ますね。

東京ヒメ

ヒメ殿
 浦河を、荻伏を
 いつも身近に感じて
 いただければと思います。

2009年11月07日

鮭の産卵

画像の確認
 子孫を残すため
 ふるさとの川に戻ってきた
 傷だらけの鮭

 産卵が終われば
 その生涯も終いる

 

鮭の回帰

 昼前
 元浦川の上流の橋の上で
 片手に杖を持った老人が
 橋から身を乗り出して
 何やら数を数えてる様子

 おじさん!ナニしてるの?

 ホレ!秋味がいっぱい上って来てるべさ!

 指差す橋の下に、居る居る!

 もう、皮が白くなっている
 地元の人達が言うホッチャレと呼ぶ鮭だ
 
 傷だらけになって
 それでも懸命に
 子孫を残すために
 頑張って産卵の出来る所を
 探している。

 その横を
 役目を終えた鮭の亡き骸が流れていく。


昼前
 元浦川の上流の橋の上で
 片手に杖を持った老人が
 橋から身を乗り出して
 何やら数を数えてる様子

 おじさん!ナニしてるの?

 ホレ!秋味がいっぱい上って来てるべさ!

 指差す橋の下に、居る居る!

 もう、皮が白くなっている
 地元の人達が言うホッチャレと呼ぶ鮭だ
 
 傷だらけになって
 それでも懸命に
 子孫を残すために
 頑張って産卵の出来る所を
 探している。

 その横を
 役目を終えた鮭の亡き骸が流れていく。

2009年11月08日

晩秋の日高線

画像の確認
 この景色をぼ~と眺めていると
 宮沢賢治の銀河鉄道の世界に
 入りそうです。

白鳥飛来

画像の確認
 白鳥飛来

画像の確認
 荻伏も冬を向かえ
 にわかに忙しさを増した

 鮭は上るし
 白鳥は来るし
 羆が冬眠前で近くに出没するし
 エゾシカも異常繁殖で
 車の運転も危ないし・・・

 薪ストーブの薪割り・・・
 漬物・・・
 
 ともかく、冬の準備で忙しい・・・
 ・・・らしい・・・

 それにしても
 大変な苦労で飛んできたのだろうか
 体が泥んこだ。


2009年11月11日

雪予報ハズレ。

昨夜の天気予報では
 夜半から明けがたまで
 全道的に雪なそうな

 明日の朝は雪を想定しながら
 11時頃床に着く

 夜中に物凄い雨音で目が覚める
 時計を見ると、2時半だ
 アレ?
 何で雨なんだ?
 まだ廻らない脳を回転させ
 確か、雪の予報だったがな~ァ

 でも、雪より良いか
 あの勢いで雪が降られたら
 除雪が大変だったな
 
 と安心して、おやすみ。

2009年11月17日

縮まらぬ距離

画像の確認
 あられ模様の朝でした
 
 寒さがひと朝ごとに厳しくなります
 
 ポニョもこの距離をなかなか
 縮める事が出来ません

 来月から
 1頭は英才教育の為
 育成所に入ります
 後わずかでお別れです。
 

荻伏中と日高線

画像の確認

 鮭の上る
 元浦川のすぐ近くに
 荻伏中学校があります

 そしてこの日高線に乗って
 札幌、東京へと夢を抱いて
 上京した先輩達が大勢いたことでしょうね

 明日、荻伏小学校で上演される
 銀河鉄道を観に行って来ます。

2009年11月24日

ポニョ日記11-24


 どうしても馬達と仲良くなれないポニョ

 でも、私達はジッと辛抱して見守る事しか出来ない

 あしたこそ、あしたこそが来年まで続くだろうな

東京から荻伏に友人

先週の金曜日
 4年振りに友人が浦河まで逢いに来てくれた

 小さいながらも旅行会社を起こし、代表として奮闘している。

 千歳空港まで迎えに行き帰りの車中の2時間
 約20年前の初対面から今日までの出会いを
 色々話し合った。

 それにしても、改めて永い付き合いだと二人で顔を見合す。

 浦河の友人達が、鹿肉や毛がにを用意して持って来てくれた。
 薪ストーブを囲み歓迎会となった。
 

2009年11月29日

11月29日の風景

画像の確認
 もう直ぐ12月ですね~。
   -6度、昨夜から冷えました
  それでも今朝は風も無く、雲も無く
   今の時期としては穏やかな朝を迎えました 
 
 この空気の澄んだ日和
  真っ白に雪化粧した日高山脈を背に
   家族だろうか、4羽のトンビが舞っていました。
 

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2009年11月

2009年11月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type