« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月 アーカイブ

2010年05月01日

呑友

 昨夜、久し振りに装蹄師のゴルフ仲間や育成所の経営者達と飲んだ。
 ビールから芋焼酎に変わる頃、それぞれの昔話に花が咲く。
 みんなの話を聞きながら、どうして今日の仲間が繋がるのか、ジッと話を噛み締める。
 今夜居る、K育成場経営者と安藤装蹄師の繋がりは、K氏が他の育成所で働いていた頃での
 出会いらしい。
 やはり若い頃から立身出世型の青年だったらしいが、しかし夢を現実にし経営者として立派に
 成功している現在、成功者に一人であろう。
 安藤氏に“K”,“K”と名前を呼び捨てにされていても、素直に“はい”、“はい”と応えている姿に
 彼の人柄に好感を持ち、旨い酒になった。

 そして彼もまた、育成業の成功者の一人E君の話になる。
 装蹄師会会長の能登氏がアァ彼なら昔から良く知ってるよと頷く。

 話を聞いていると、やはり馬の世界はどこかで繋がるものだナァ~と感心。
 会長や、副会長の安藤氏の話を聞いていると、やはり事業を起そうする人間はどこか違う
 そして何よりも、人柄に出ると話をまとめる。

 芋焼酎が大分廻った頃、安藤氏のナリタブライアンの話しやら、当歳のX脚をどう直すとか、
 会長のあの大きな、ばんば馬の削蹄に大変苦労した話や、また小さなポニーが蹄葉炎の病気に
 かかり、苦労して直した話など、装蹄師さんならではの経験談に華が咲き、面白おかしく
 聞かせていただいた。

 
 
 

そして、又呑友

 札幌の呑友
 GWだど~!
 遊びにおいでよ~。

 アッ東京も居た
 兵庫も居た
 全国の呑友!
 出掛けて来てや~!。

2010年05月03日

久し振りのポニョ


 今月から、ポニョも近くの中期育成所シーサイドファームに入りました。
 体が小さいのでいじめられないかと心配したのですが 
 去年の暮れに入所した、同じイーストファームで産まれたタツルビーの1歳が
 ポニョをフォローして、ずっとそばに付いていじめられそうになると
 威嚇して追い返していました。

 何か、目にゴミが入ったよ
 無性に涙がこぼれた

 離乳の時、あれだけ母を恋しがり、声もかすれて出ないほど泣いてた子が
 立派に成長して、リーダー格に成っていた

 何よりも新発見は、
 母との別れは1週間ぐらい別々に暮らすと
 その後、顔を会わせても、母を恋しがる事は絶対に無い!
 これは、馬だけの特殊な能力なのだろうか?

 其れゆえに、幼馴染を覚えているなど想像もしてないし
 半年以上も空白が有るのに・・・と改めて学習させられた
 同時に、思いやる心が馬にも有ったなんて・・・

 今の、荒廃した人間の社会に考えさせられる。
 どこかで講師にでも来てもらうか?。

2010年05月17日

ようやく日高にも春が。

画像の確認
 久し振りの好天だ
 やはり日高はこうでなきゃ。

 当歳たちの足どりも
 日増しにシッカリと大地を蹴り上げる

 こぶしが咲き、蝦夷山桜が咲き
 タンポポも鮮やかな色を自慢している

 雪解けの水でダムが放流され
 水が濁っているが
 水が綺麗になる頃
 さくら鱒が、その名の通り
 鮮やかなピンクに染まった銀鱗を
 ゆっくりと姿を見せに川を上るだろう。

 当歳たちの飛び跳ねる姿は無心だ。

蝦夷山桜

画像の確認
 朝の光と逆光で
 余り色が出せませんでした

 カメラは良いのですがねぇ~。
 雰囲気だけ分かって下さい。

その目の先は、桜花賞?

画像の確認
 春の風に
 その瞳も穏やかだ。

2010年05月19日

水芭蕉と山桜

画像の確認
北海道ならではの景観だと思います

 水芭蕉の白い座禅の花びらに
   蝦夷山桜のピンクの花が
     往く春を惜しむように散っています

 又、来年だな・・・
     でも・・・見れるだろうか・・・

 今年また・・・
    思い想いの・・・
         蝦夷桜・・・


当歳とカラスと山桜

画像の確認
 何でもない光景なんだけど
   とても羨ましい

 いつも・・・そばに
      母の愛が

2010年05月22日

庸一桜満開!

画像の確認
 妻のお兄さんの名前を命名
 
 荻伏に家を建てた時、桜の苗木を10本植えました
 1年経ち、浜の潮風にも負けず苗木は順調に育ちました。

 そんな折
 お兄さんが交通事故で意識不明の重体
 お見舞いに駆けつけた妻のからの電話では
 全く意識が無いと云う。

 帰って来て
 桜の苗木の中でひと際元気で育っている樹に
 お兄さんが元気に回復してくれることを祈願して
 “庸一さくら”と命名しました。

 あれから五年、奥さん、子供達や親戚の方々の看護の甲斐も無く
 3年間の闘病生活の末、旅立たれました。

 3回忌に、お墓参りさせて頂きましたが横浜の桜も綺麗でしたね。

 庸一桜は、今年初めて全部の枝に花を咲かせました
 庸一さん!
 天国から見えるように、夜はライトアップしてるからね。・

庸一夜桜

画像の確認
 庸一桜の夜の光景です。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2010年05月

2010年05月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年04月です。

次のアーカイブは2010年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type