« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

2010年10月01日

夕日よありがとう

画像の確認
明日に繋がる夕焼けです
  明日もがんがるぞ~
    そんな勇気を頂いたような気分です。

2010年10月02日

久し振りの美男子ポニョ

画像の確認
 お久しぶりです!
 
 体は少し小粒だが
 美男子でしょう!

 何とかこの仔を競馬で走らせたい。

2010年10月03日

ポニョを競走馬にする会

 ポニョは
 父:オレワマッテルゼ (父:サンデーサイレンス)
 母:イズミビシン (母:フォーティナイナー)
母:イズミビシンは中央7戦入着3回、地方笠松4勝
 祖母:リンクスオブゴールドは米国産、米4勝
   産駒 ヤエノジョオー 7勝
       ヤマケイコ   2勝 竜飛特別
       リンクスオブタイム 5勝
 など、血統は一流です 
5月20日夜10時過ぎに産まれました。
 場長夫婦は、これから育っていく上にも大切な、初乳を早く呑ませようと
 汗をかきかき、懸命に母馬に近付けますが、母馬は嫌がって本気で
 仔馬を蹴り、寄せ付けません。
 かれこれ2時間を過ぎ、これ以上は馬も人も危険を感じ
 母乳を搾りどうにか2合ぐらい初乳を与え、なんとか元気にはなってきたが
 それからは毎日2時間置きの苦労の愛の授乳が始まった。

 3日も過ぎた頃、場長の奥さんがポニョと命名。
 日増しにポニョは元気になり、厩の中を飛び跳ねるようになったが
 場長夫妻のやつれが心配だった。

 それから先は、写真や動画で紹介したととうり
 風邪も大病にもかからず元気に育っています。

 確かに馬は小柄です
 初仔とか遅生まれ、血統的にも近親に余り大きな馬達は居ません
 そんな事を加味して考えると、少し時間をかけて育ててやれば
 何とか成るかな?
 四肢には何の問題は有りません。

 場長の奥さんの言葉
 私達は競走馬を育てているんです!
 大変な思いをして育てて、一度も競馬場に行かずに
 何処に行ったか分からないでは、辛いです。

 この言葉が一番堪えました。

 今年の12月中頃までに、オレワマッテルゼの種付け料100万円
 9月の預託料約10万円
 100万+10万=110万÷20=55,000円=20口を募集
 以上は9月までの必要経費
 それ以降は毎月
 遅生まれのため来年2月頃まで中期育成
 その後、本調教に入り5~6月頃デビューを予定しています。
 10月~2月 (5ヶ月)X10万=500,000÷20=毎月一口25,000円
  3月~5月 (3ヶ月)X20万=600,000÷20=毎月一口30,000円
 以上が経費としてかかります。
 あとは、ポニョがどれだけ稼げるようになるかです

 賞金+出走手当+夢=20口

 私の方でも10口ぐらいは可能かと思います
 ご検討下さい。

 

2010年10月08日

秋から冬への日高路

 馬に関しては:当歳の悲しい母親との別れの季節
 川では:傷だらけになりながら故郷の川に戻り、子孫を残し生涯を
終える鮭の遡上もまた命をかけた厳粛な物語です
 山では:たわわに実った山葡萄・コクア・クリ・マイタケ・シメジと
 山菜が豊富だ
 海では:秋味・イカ・鱈・松川かれい・八角・おひょう・きんき
 メヌキ・ツブ・ホッキ・筋子と、これまさに魚の旬を迎える。
そして
 写真や絵を描く人たちにとっては、待ち焦がれた季節がやってきました
 紅葉が山から下りてくる頃、里は冬の準備におおわらわです。
 漬物樽の準備やら、飯すしの桶やら、薪ストーブの掃除やらと
 やがて
 霜が降りて、日高連峰が初雪に白く覆われると、日が沈む頃の夕焼けが
 日高連峰をピンクに染める、見事としか形容できない

2010年10月13日

野菊と山霧

画像の確認
 野菊も色あせて
    山霧が走る

冬間じか

画像の確認
 雲の合間の光も
    晩秋を感じさせる
       そんな海でした

2010年10月25日

日高のこの頃

菊花賞も終り、日高にも降雪を告げる雪虫が飛び交っている
 
 朝は薪ストーブの火を入れ、日中には気温が上がり車のクーラーを入れる
 年寄りには体調管理が大変だ

 浜で鮭の夜釣りをしている人、大丈夫だべか。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2010年10月

2010年10月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年09月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type