« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月 アーカイブ

2011年12月01日

ポニョ!今朝大井へ出発!

朝6時半過ぎユウさんから電話
「宮下さんまだ家にいる?」
「うん、今朝はポニョの調教が無いから少し遅くていいんで
もう少ししたら出かけるよ」
「そしたら、家の方に行くわ」

ポニョが活躍してお客さんが大勢来たら困るからと
昨日、ナベさんとユウさんで事務所掃除に来てくた
家のカアチャンが仕事から帰って来て
アラ、家、間違えたわと云って出て行くほど綺麗になった
落ち着いたカアチャン
「この様子、何時まで持つかしらね~」
そしたらユウサン
「まったくだ・・・」
オレは何にも云えないから
ポニョの話に摩り替えた

今朝の体重が440kg
5日ほど前に計測したときは450kgあったと報告を受けたが
まぁ、それから稽古量も増えたし、こんなもんかな
今年イチバの冷え込みの中、ユウサンが一生懸命カメラを回してる
馬房の中、曳き馬の姿、馬運車の中にまで入って動画に収めてる
自動車が動き出したらポニョ「ヒィヒ~ン」と一声イナナイて育成所を後にした
この仔、此処が分かるのかな、ホッカイドウ競馬から帰って来たときも
牧場に着き馬運車が止まったら、それまで車の中で一声も出さず
静かに乗っていたのに「ヒィヒ~ン」と鳴いて、カメラを回してるユウさんを感動させてた
そうだよね、今年の1月から此処に来て8月まで居ただものね
ポニョにとって此処は第二の故郷みたいなモンだろうな
そして、みんなに大切に、大事にされてていたものナ、小さかったお前を
少しでも大きくして丈夫に育てようと一生懸命だったものナ
こんなに愛された1歳も珍しいのでは無いだろうか
また、お前は期待に答えてくれた
誰もが、1着に成るなんて思ってもいなかっただろう
全員が、何とかに競馬場で走らせたい!そんな願いだけだった

今度は、大井で成長して、此処まで来たらJRAのターフコースを走らせて見たい
ポニョを囲む愛情の輪がこんなに大きくなってイルだぞ、ポー
お前の育ての親S爺も、体の調子が悪く抗がん剤治療で大変苦しんでいるようだ
お前の走る姿に元気付けられているようだ、何とかお前が芝生の上を走る姿を
見せてあげたいね、少しでも長生きできるよう元気を与えてやって欲しい
もう少し時間が出来たら、ポニョとSヒゲ爺の写真集を作るからね
毎日毎朝、お前とS爺、マックは一緒だったもな
頼むな、ポニョ、いやゴールデンウルフよ
輸送熱など出ないように、ヒゲ爺もユウさんもO川さんもお願いしてるよそれから千春さんも陽子さんも、
お前が着いたら顔を見に行くそうよ
お前を取り巻く全国の多くのフアンが無事に着くことを願っているからね。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2011年12月

2011年12月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type