« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月02日

メドゥーサ秋華賞の出走枠に!

 私が秋華賞に出走出来る馬と出会うのは、もうこれが最後だと思う・・・
 夢のまた夢の話だよ、こんな事・・・
 本当にシンデレラガールだよ

 マァ、出走する限り18頭の全馬に、皆それぞれ勝つチャンスは有ると思うが、騎乗予定の
小牧騎手には悔いの無いレース展開をを願いたい
 まだまだ底を見せては居ないと思う、勝つとか負けるとかは勝利の女神様だけが知っている
私も数々のGⅠ馬を育成し触ってきたが、心肺機能やバネの良さ軟らかさは過去のGⅠ馬にも
劣る事は無い、あとは彼女の馬体の成長幅を楽しみにしている。

ポニョ10/4日大井で出走

次回勝った後、
朝倉師から 次回は休んで10月後半のレースにしましょうか?
何で?
次回、多分初日に成ると思うんですよ
そうか、ソレでは使えないな、マァ申し込みだけはシトイテ
分かりました

その後
レース後、肢元なんでもないし元気が良いから、どうしますか?と師から
それなら、乗り込んで馬体検査受けてみて
そうだね、2~3日したら北海道に行くから様子を話しに寄ります

師にも話したが、元気なうちは使って、調子落ちし始めたらBTCを使い調整した方が
馬の為には良い結果が出て来てる様だ、競馬場は競馬をする所
リフレッシュには浦河が一番!。

今回は、応援に行けないから陽子さん・千春さん・小河さん、其のほか応援隊の皆さん
応援幕の所に集まって下さいね、テレビで見てますから。

馬の説明より移住の説明の方が大変だった

9/28日から名古屋~大阪と10/1日まで北海道の移住促進事業の応援に行って来た
台風とお友達になって大変だった、帰ってくる時まで一緒に北海道まで同伴した

北海道に移住したい人達の希望者の多いのには驚きだが、年寄りばっかりで閉口した
が、相談者を含め私が一番年上だった、来年は考えよう・・・

役場の担当者はご苦労だったな・・・
浦河町は人気があってなかなか対応が出来なくて
来場者の中には怒って帰られた方もあった位だ

2012年10月03日

ポニョへ

ユウさん、退院出来たんだって!良かったね!

zzzzzzzzzzzzzz~とzzzzzzzzzzzzzzzzzzと
お前が生まれて直ぐから、お前の身の上が可愛そうだといって写真を撮り続け
応援、励ましてくれてたの、覚えているかい?
背のデッカイ、オジサンさ!
ホッカイドウ競馬に行く時も生まれ育ったイーストファームに帰ってくる時も
いつも一緒だったんだよ・・・
ポー、ポーって、声をかけてくれてたモンナ
背は大きくて顔はゴツイけど(オレも顔の話は出来ないけど)、優しいオジサンだもんナ
今、大変な病気と闘っているんだって・・・、お前の走るのを見るのが楽しみなんだって
この間も病院で、付き添ってる奥さんに、お前が走ると云うのでスポーツ新聞全紙買わせて
探したらしけど分からなかったらしいよ
明日は、ユウさん、家に連れて来てグリーンチャンネルで応援するからな
シッカリ走れよ!・・・マァ、あんまり無理せずにナ
勝つだの、負けるなど、どうでもいいよ・・・お前の走る姿に応援隊の皆も
ユウさんも、元気を貰っているんだから
運動会の応援に家族で行くようなもんだ
お前が先頭でゴールするのを邪魔する奴を追っ払うのはユウさんかも知れんな・・・。

2012年10月05日

もう、ポニョなんて云えないや

遂にやりました!
いゃ~、皆のお陰だ!

それにしても、自分の子供を褒める訳ではないけれど、凄さが出て来た
本当に、ゴールデンウルフに成ってきて怖いくらいだ
馬体重も440kgと立派な男の体に成ってきた

レース内容も、逃げでは無く、先行の行きっ振りだ
朝倉師に、これまでの2戦は私達が休養明けは走らなく1戦を叩いてから
の、セオリーを覆すためグランデのスタッフと究極に仕上げてきた、
これからは、朝倉厩舎スタッフや先生の手腕の見せ所ですよ。
分かりましたと・・・師。
応援隊共々、期待してますよ。

2012年10月07日

札幌の北村さん

北村さん、お元気ですか?
北村さんが教えてくれた、松田優作主演のアメリカ映画
「ゴールデンウルフ」、から名前の由来を説明してくれた
金狼のポニョが連勝しましたよ。
ホッカイドウ競馬時代から応援して頂き有難う御座います
体重も420kg台だったのが休養後437kgから前回は440kgと
成長をしています
もう少し夢を見させてくれるような気がいたします
引き続き応援よろしくお願いします

それと、ゴールデンウルフと同期で他の牧場から、生誕7日目から母馬共々イーストファームに
引き取られ一緒に遊んでいたチェリーメドゥーサが秋華賞に出走します
こちらの方も応援して下さい。

2012年10月08日

師も元気の良さに閉口

今朝、朝倉氏に電話をする

どうだいポニョは?
今朝乗って歩様とかは何でも無いけど、困った!
なした?
涼しくなったせいも有るけど、元気が良すぎて困る!
・・・元気が無いより良いべさ
それはそうだけど・・・

17日の日にそちらに行くから!
したら、家のペンションさ泊まれ?
ウン、そしたら、そうするかな?
したら、待ってっから

ウン、チョッと待てよ、とスケジュール表のボードを見る
12日から東京・13日の新馬戦とサターンの特別戦を見て、その日は名古屋泊まり
14日にメドゥーサの秋華賞の応援に京都・帰りは15日

メドゥーサもノーチャンスでは無いと思う
まだまだ、隠れた能力を秘めていると信じている

当日は華やかなパドックに成ると思う
牝馬の祭典だけに出走させる馬主オーナーのパートナーのファッションも
華麗を競う

オレ達?な~んもだ!
浦河の山猿がシルクハットかぶったって、メドゥーサがビックリこくべさ
一泡吹かせたいけどよ!応援隊も沢山行くど~・・・鍬持って、鎌持って。

2012年10月16日

メドゥーサ大健闘!

昨夜京都から帰ってきました
昨日の朝は興奮して眠れず、3時頃に目が覚め、4時まで待ってフロントにいき
新聞来てませんか?
スイマセン、今日は休刊日なんですよ

仕方なく、目の前の京都駅構内のコンビニに向かう

3紙を買う
どの紙もジェンディルドンナ号の三冠達成の活字が踊っている
が、どの紙も、これまたメドゥーサの好走を称えてくれている
メドゥーサが新聞を読めたら見せてあげたいくらいだ

それにしても、大声で応援したせいか、まだ喉が痛い

当日、秋華賞出走馬主の特別ゴンドラ席で観戦
気後れだけはしまいと、席のど真ん中に鎮座する
発走時間になると両脇の席がジュディルの馬主勢で囲まれる
ひとり真ん中で小さくなっている

スタート、案の定出遅れる!
マァ、想定はしていた
2コーナで、しんがりから、2頭前
オーナー・調教師・私と、パドックの中で小牧騎手を交えレースのミーティング
スタートが良ければ、逃げ、もしくは先行
出遅れたら、前回の白井特別のような戦法
だから出遅れは想定内なので、動揺は無い
しかし・・・チョッと仕掛けが早すぎる・・・
スタンドから、ウォ~!!!と云う大反響
隣の席から
何だ、あの馬!

心の中で・・・うちのメドゥーサだ!と叫びたかったけど・・・多勢に無勢で沈黙
4コーナを廻って直線、まだ、10馬身は有る
それからは、もう無我夢中
そのままイケ~!イケ~!イケ~!イケ~!イケ~!
興奮して熱くなっているのに、先頭で突っ走るメドゥーサの姿に鳥肌が立ち
ゴール板を通過するときは・・・目に汗をかいてよく見えなかった
何が勝ったか分からない
ただ、ゴール50m手前までメドゥーサが先頭だった

周りで、三冠だ!の声が遠くで、遠くで聞こえてる。

全国の応援隊のみなさん、ありがとうございました
携帯電話の着信が、勝った時より多かった・・・
オーナーも師も騎手も今日の空のように爽やかでした。

メドゥーサから
中期放牧で1年間お世話に成った、シーサイドファームの皆さん、ありがとう
やんちゃで、おてんばで手こずらせた荻伏共同育成所の皆さんありがとう
厩舎に入る前、最後の仕上げをしてくれたグランデファームの皆さんありがとう
いつも、応援幕を下げてくれる小河さん・陽子さん・ミネオさん・千春さん・ありがとう
ユウさん・なべさん・塩〇さん・札幌の北さん・スギさん・横浜のOさん・其のほか
たくさんの応援ありとうございました。

まだまだ、がんばります!


2012年10月18日

ポニョ、21日大井で森君騎乗!

戸崎君がJRA騎乗で、森君に騎手変更

相変わらず元気いっぱいだと、昨日来日した朝倉師の声
だんだん強敵揃いのメンバーになるが、頑張ってほしものだ。
応援隊の千春さんは、今浦河に来てるので行けないが、今度は陽子さんの
仲間が行ってくれるかな。

メドゥーサに負けない、良い競馬をを見せてほしい。
二人は幼馴染で、休養をイーストファームで過ごした仲だものね。

2012年10月24日

競馬は生き物

21日、東京競馬場3レース、チェリーへスティアがメイクデビュー
1400mダート戦、引いた枠が16頭の大外
スタートはロケット発射!が、大外の悲しさ内枠の馬に先行を許す
4角、直線に向いて3番手グループの馬達が接近してきたが、突き放す
ゴール前、先頭の馬には6馬身の着差は有ったが、ヘスティア自体も肢は上がっていなく
ゴール前、伸びていた。
410キロ台と馬体は淋しいが、スピードの切れがあるので足元が固まったら
芝で走らせたい1頭だ。

レースが終え、大井競馬場へ向かう
京王線で新宿に向かう・・・
何でこんなに人が居るんだべ!
京王線からJR線に乗り換えるのに又一苦労!
なして、こんなに人が居るのさ!
ヤッパリ・・・浦河がいいな~・・・
元浦川にシャケ、遡上したべか?
海温が高くて、浜にシャケが寄って来ないんだわ!
白髪頭にトレードマークの鉢巻巻いて
こんな年、覚ぇね~と80過ぎの浜の爺さん、咥えタバコで頭掻き掻き嘆いていたな
早く帰るべ!

応援隊のミネオさんから品川の駅で電話が入る
今日、8レースしか無いの知らなくて、もう競馬場に来てる
時計を見ると、3時半
ポニョのレースは4レースで発走は18時10分・・・
競馬場で男二人、馬の居ないパドックを見つめ・・・世間話・・・

パドックにポニョが姿を見せる頃、陽子さんも応援に駆けつけてくれる
小河さんもギターケースのような物を担いで現れる
小河さん、ミュージシャンだから、ここでポニョの応援歌を謳いだすんでナいべかと心配
小河さん、何それ・・・恐る恐る聞いてみる
今、練習に行ってきた帰り!
気合付けにやらかすのかと思って心配したよ

ゲートが開き、森騎手好スタート!
しかし、嫌な予感が的中!
逃げ馬のセーフティーリードを的場騎手が与えない
息の入る間の無いまま、レースが運び
4コーナーを回る時、アッ今日は負けたと感じた
逃げ馬の宿命・・・

帰り道、厩舎に寄りレース後の歩様を見るが異状はなさそうだ
朝倉師が申し訳なさそうに頭を下げる
師の責任ではないさ、逃げ馬の宿命と距離の適正
又で出直すべ

帰りは残念会、みんな応援ありがとう
いい夢を見たさ・・・明日の朝、1便で北海道さ、帰るべ。

2012年10月26日

短期放牧も大切な事

チェりーメドゥーサ・ヒュドラー・へスティア・と3頭とも短期放牧へ

調教は肉体を責めるばかりが重要ではない
メンタル部分のリラックスの必要さは早田牧場の、
先進国である欧米人スタッフと共に働いた事が
私の現在の調教法の中で貴重な財産になっている
その馬の個性を伸ばす良い経験を学習させてもらった

もう一頭、ホッカイドウ競馬出身のチェリーサターンは来週か次の週位に
出走予定をしているとの勢司師からのコメント

ポニョは昨日から馬場入れしたらしく、馬体に異常が無いので
11月11日からの開催を予定していると、朝倉師。

2012年10月28日

秋を迎えて

久しぶりの、天高く澄み切った青空の中、右手に凪の太平洋を眺め、鮭釣りにの竿の多さに驚きながら幌別に在るグランデファームに車を走らす。
ゲートのバーを押し中に入る
顔を知りの外人スタッフがニコニコして「おはよう御座います」と声を弾ませる
「元気かい?」
「元気元気!」
洗い場の方に行くと姿を見つけ
「この間メドゥーサ惜しかったですね!」と騎乗を担当していた岩城君が駈けてける
「オゥ!久しぶり!うーん・・・マァ良く走った方じゃないか、お前のお陰だよ!」
岩城君の顔がはじける
「でも、見せ場ありましたよね!」と声も弾む
「社長は?」
「丸馬場馬場の方で馴致を見てます」
丸馬場の一段上った踊り場で、相変わらずタバコを放さず馬の動きをジーと見つめている
「ヨー、久しぶり!」
「アァ!宮下さん久しぶり!このねーだ惜しかったかったね」
例の名古屋弁が返ってくる
「イャ~、よ~走っとる方だと思うよ」と名古屋弁で返す
丸馬場に目をやると、息子のケンジ君が馴致をしている
「なんや、ケンジ帰ってきとるんかい」
「いゃ、この1歳のダイワメジャーの仔、なかなかのモンで、鞍乗せると飛んでってまうんや」
しばらく、ケンジの馴致の手順を見ている
なるほど、牝馬だけに気性が激しい
それにしても、ケンジが馬のテンションが上がらぬよう少しずつ教えている、ケンジの成長振りに驚く、さすが帯広の持田塾で修行してきた事だけはある
成長しないのは、タバコを放さず口うるさく指示を出してる社長の親父の方かもしれない

オレもなぁ~、息子が跡でも継いでくれれば~、なんて、グランデ親子の姿に思いをダブらせる

社長と1時間ばかり世間話をして、馬も色々だが人も十人十色、馬が信頼できるのは馬は口をきかないからな、余分な事は言わない

1歳の育成場も野深の荻伏共同育成場に決まり、また何ヶ月間かの育成場通いが始まる
そして交代に、当歳馬が家の前のシーサイドファームに入る
今年は、当歳が10頭近く入るので大忙しだ
全馬、父はチェリークラウン!・・・どうなる事やら、神のみぞ知る
我々応援隊としては、馬格の良いのと皮膚の薄さに期待する

野深の帰り道、橋の上からシャケの遡上の姿を捜すが、水の多いせいもあるが見当たらない

色々あって、誰にも会いたくない心境なので、ゆっくりテレビで天皇賞でも見るか
そう言えば、みんなのケイバ?の福原アナウンサーからメドゥーサの記事が雑誌に掲載されて
いたので、お礼の電話をすると返信があり、応援してますよの言葉に20年来の絆を感じた。

2012年10月29日

おかしな天気とチヤッピー

朝方、猛烈な雨と風が窓を叩く
ミニチアピンシャーの♂犬チヤッピーがカァちゃんのベッドから飛び出し
私の布団に飛んで来てお俣の間で小さくなって震えてる
私と一緒に寝ている夢子がそばに行き一生懸命顔を舐めてやっている

チャッピー!お前男だろうが!何のために玉下げていtるんだ!と叱ると
ボク、玉無いもん・・・
そうだ、去勢して身軽になっていたんだ・・・しょうがね~な
雷・強風・地震・大雨に弱いんです・・・
全部だろうが!

テレビを点けると新ひだか町に洪水警報が発令された

なんか、おかしな天気が続くな
チェリーメドゥーサの爆走からかな?

マァ、そんな事で育成場に行って来るわ!

チェリー軍団はみんなに励まされて・・・

そう云えば、昨夜、久しぶりの休みで一杯飲みながら、巨人ー日ハム戦をテレビ観戦していると
電話が鳴る、何だろう今頃?不審に思いながら電話の名前を見ると、横浜の尾崎さんだ
どうしたい?
この間惜しかったですね~
一杯、飲んでるし、惜しいレースが何度かあったんで、頭の中を整理するのに時間がかかる
マァ云いや、もう少し話を聞け
北海道で身近に触った馬が、GⅠレースのテレビであんな凄い走りを見せてくれて感動しました
メドゥーサだ!
ホントにね!ゴール50m手前まで先頭だったんだよ!
また、あのときの感動がよみがえる
ボクも休みだったら京都に行こうと思っていたんですよ!
そうか・・・ありがとう
陰のフアンガ沢山居てくれて、有難う

そうそう、ポニョも素晴らしかったですね!
(オィオィ、ポニョは前回9着だぞ、という事はその前の1400mを逃げ切った時の話だ)

2頭触らせてもらって、その馬が両方勝って感激ですよ

いい思い出を良かったね

まだまだ、チェリー軍団の馬達が頑張るから応援よろしくお願い致します
これから1歳の馴致調教に入るから、暇が出来たらみなさんも見に来て下さい。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2012年10月

2012年10月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年09月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type