« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月08日

元気ですか?

皆さんお元気ですか!

日高地方はこの2~3日、天気になったり大雨が降ったり忙しい気候でした
鮭の遡上が見たくて、いつも眺めてる橋の上から様子を伺うが
川の水が濁っていて、今年は一度も姿を見てない、何か変な天候が続く

今朝も何か所かに預けてある育成場を回る
家の前のシーサイドファームからスタート
一昨日、川崎競馬場で2歳牝馬レースで1着に成った馬のお祝いを場長に伝える

今年の当歳は、牡馬6頭、牝馬1頭が入る予定だ
ここで1年間、中期放牧をして大勢の仲間達と喧嘩をしたり、相撲を取ったりして
自然の中で基礎体力を付け、丈夫な体を培い、次のステップ、競走馬としての馴致に向かう

競走馬として、非常に大切なポジションで、2歳馬になってからの過酷なトレーニングにも耐えられる
重要な体力を造る貴重な期間で、競走馬として非常に大きな影響をその後のトレーニングにも与える
チェリーメドゥーサやゴールデンウルフ、今週来週と出走する馬達もここの卒業生

毎年4~5頭の当歳馬をお世話して貰っているが、今の所、2歳に成ってからの肢元での故障は皆無である、走る走らないは、血統であって、調教で馬の能力は大きくは変わらない

次に、荻伏共同育成場に向かう
プリサエスエンドの牝馬、これは良いと思う
サムライハートの牡馬、チョッと肢元が不安
チーフベアハートの牡馬、兄貴と違って馬体に伸びがあり面白いと思う

帰り道、大成牧場に寄り、放牧している当歳の走りを見る
チェリーノコイビトの牡馬、まだ動きが本物ではない
チェリーハーバーの牝馬、小さいが動きは抜群に良い、気性も利かなそうだ
チェリーワールドの牝馬、体は姉よりは大きいが膝下がチョッと長い
マァ、色々個性はあるが、来年、厳しい冬を越え青草を食べ、どう変化するか楽しみに春を待とう

馬と私のスケジュールが決まりました
9日の明日から、移住促進事業の北海道暮らしフェアが秋葉原UDXアキバスクエア2階で
10日(日)AM10:00~16;30開催 来場者には100名様日高昆布や抽選だ3名様に銀聖鮭などのプレゼントが用意されているようです、ぜひご来場下さい

馬達は
チェリーサターンが10日、東京1400mダート
ゴールデンウルフが16日、大井競馬場1400m
チェリーへステイアが17日、東京未勝利1400mダート
チェリーヒュドラーが18日、東京未勝利1800m芝

の予定です、また応援よろしくお願いします。

2012年11月13日

移住セミナーに参加して

8~10日まで東京に行って来た
道の促進事業の一つ、北海道暮らしフェア移住説明会、に参加した
30数市町村が参加、わが町をPR
1200人を超える来場者の中、我が町、浦河町をピンポイントに来られるお客さんの多さに圧倒!

やはり、冬、雪が少なく夏は扇風機やクーラーなどを必要としない(今年の65年振りの今年の猛暑は別)

そして、ゆったりとした地形、日高昆布や鮭釣りの出来る海が有り、冬の夕暮れ冠雪の山並みピンクに染める日高連峰があり、鮭の遡上する川が有り、自然豊かな牧場で餌をついばむ白鳥が居る、

そこに、母子の馬が居て、将来のダービーを夢見る駿馬が居て。

私も、日高に来て20年を超え、浦河町荻伏に住んで7年目を迎える
毎日の天候の状況で変わる景観に、自分を置く楽しみに、時を忘れる

来場者の顔を眺め、目を見つめ、お話を伺っていると、老若男女を問わず
早期退職やリタイヤした高年齢層な人達まで少年のように目を輝かせ、
夢を熱く語らせる(入れ歯が飛び出しはしないかと心配だが)
北海道ってこんなに人を引き付ける所なんだなぁ、と若い頃の自分の姿を重ねながら
しみじみと思う
また、白髪頭のご夫婦で参加されてる方々が多いが、ご主人の話を聞き
そばで黙ってうなずいてる奥様の姿に、熟した夫婦の絆と信頼を強く感じずにはいられなかった

そして若い移住希望者の方々が、こちらで職場の提供を希望している事に
複雑な心境で帰って来た、職場や職は自分で探すもの、見つけるもの
これは、若い移住者の方々には、あえて苦言を申し上げる
地元でも就職難は深厚な現実である。


カンボジアの弟みたいなミネオへ

カンボジアのミネオ!
この間は電話ありがとう!

なんとなくミネオの声が聞きたい事を千春さんに伝えたから、連絡取ってくれたんだね
でも、声が聞けてよかったよ、元気そうだし、マァ来年まで顔が見れないのは淋しいけど・・・
帰って来たら、旨いもん一杯用意しとくかんな、体、壊すなよ・・・

ポニョも12日の追い切りで朝倉師が自ら手綱を取り
チョッと動かしすぎた!と電話があった

マァ、調子が良いなら仕方なかんべさ

このクラスのハードルを簡単にクリア出来るかそうでないかで今後のポニョの出世に
大きな影響を与える関門だ、朝倉厩舎頼むぜ!
16日!・・・

チェリーへステイヤが福島の18日日曜日の1150mに変更に成るかも知れない
大和田師からの電話だと福島の方がメンバーが弱いとの報告
勝てるチャンスが多い方に行きましょうよ、先生!
ただ、輸送時間が長いのがチョッと気に懸かるが・・・
3時間半ぐらい懸かるだろうからな・・・
府中だと2時間弱だろうし・・・
マァ先生、投票のメンバーを見てから決めよう

ヒュドラーは勢司師からの電話で18日の東京1800mで間違いないようだ

18日の2頭、何とか成らないかな~・・・
何とも成らないのが人生だけんどよ。

2012年11月14日

連絡下さい

この間、北海道暮らしでお会いした、横浜や群馬の方、その他名刺をお渡しした方
メールを待ってますよ。
是非、浦河の素晴らしさを体験して下さい。

ヒュドラー変更

チェリーヒュドラーは24日の1800m芝に変更です
今日の追いきりは64.2-50.3-37.3-12.3
順調そのものです

2012年11月16日

浦河も初霜

今朝、この秋初めてのフロントガラスの霜取りをした

冷え切った空気に北海道らしさを肌に感じる・・・寒み~ぃ

今日は大井でポニョのレースだが行けそうに無い、残念に思うが頑張ってほしい
誰か応援隊のメンバーが行ってくれると思うが、忙しい時期だからね~
誰か行ってたら、いつも応援幕が吊るしてあるあたりに居て下さい
テレビで探しますから・・・

1400mのレースは非常に難しいレースです
1600mに繋がるレースでも有り、1200mに選択するレースでも有る
まして今回は好調馬揃いで、ペースの配分が微妙になる
逃げ、先行馬のレースに成れば、テンの半マイルのペース次第で追い込み・差し馬の
思うツボだし、淡々とした流れの中で、騎手の心理的な読みが要求される
ゲートが開くまで展開は読めない
上手くゲートを出た時や立ち遅れ・出遅れなどを想定しながら、騎手は最後の馬がゲートインするのを待つ、大井の外回りコースの直線は長いので逃げ馬にとっては大変苦しい
東京は天気が良さそうだし、肢元には負担がかからない、そんなに速いタイムにはならないだろうし
無事にレースが終わる事を祈ってるよ。

がんばれよ ポニョ

ポニョ!お前は幸せモンだな!
今日もお前が大井の9レースに出走すると言うので大勢のフアンの人達がメールを開いてくれたり
応援文を書き込んでくれてるよ! 大丈夫か!・・・シッカリ走れよ!・・・走るのはお前なんだからな!
全国から、・・・間違えた、海外からも合せて100人を超える人達が応援していてくれてるぞ・・・
どぉ~するべ・・・、マァガンバルしかないべ・・・な
オレの方がイレコンデルわ・・・
ヤッパリ・・・行けば良かったかな~
今日は誰が応援に言ってくれてるべヵな・・・今日は妙に静かなんだよな・・・

2012年11月17日

応援してくれた皆さん有難う!

ゲートが開いて・・・あんな展開になるとは・・・

これから先も、こう云う展開は考えなければならないだろうな

ポニョ自体は自分の能力は出し切り6着の結果は、勝った馬が強すぎた
ただ、もう少し自分の競馬が出来てたら・・・違う結果に成っていたと思う

レース後から今朝まで何度もリプレイを見ているが
騎手も自分の描いた展開ではないので冷静ではなかったと思う
最初から好位付けを考えたならば、テンにあんな無理して13番と喧嘩しなくてよかっった訳だし
4角手前から仕掛けなくても良かったはずだ、チグハグなレース運びになってしまったことは事実だ
マァそれでも、上がり39.3秒で上がってきているのでバテてしまったわけではない
2着に残った13番の馬より上がり時計が速い事が証明している
今後は朝倉師と相談して脚質変換を考えて行きたいが
父が1000m・1200mのスペシャリスト、母も短距離馬の配合を考えると
選択肢は限られると思う
ただ、スプリンターに育て上げるには今の馬体では通用しない
もっともっと鍛え上げ筋肉造りをしなければ難しい
ひょっとしたら、1600mでも通用するかなぁ~、なんてスケベ根性を出したのがポニョを惑わさせた
あんなチグハグなレースをしても、勝ち馬は別として僅差で6着に残っている事は、まだ天井では無い

レース後、師から12月どこか中間で船橋か浦和でも使いに行きます、との言葉に
それなら、輸送ケイバで遠征するより、間が無くても連闘で使って下さい、その後12月開催まで1ヶ月あるので、十分休養に当ててもらえると思いますので、私からもオーナーに伝えておきます、マァ明日の
歩様を見てからですけどね。

1月~3月位まで北海道か美浦の育成場で休養に当てる積もりなので、もう少し頑張って欲しい

私の胸中も複雑なんだよね
早く北海道に連れて帰れ!と言ってる私と
アメリカ並みに1ヶ月の内に3冠レースを消化し、それが真の強い馬だ!といってる私
ポニョは故障上がりなんだぞ!と言ってる父親の私
昨日のレースを見ていると、好位で折り合えば1600,1800mもこなせるのではないだろうか、
の調教師の私
いずれにしても、少しオーバーワークなのは確かだ

応援隊の皆様には申し訳ないと思うが、次走までのローテンションはご理解願いたい
180名近い応援メール有難う御座いました。

明日の福島は1レース未勝利にチェリーヘステイヤが出走、好戦すると思う
応援、どうしょうか思案中。

2012年11月19日

懐にも冬が来た

今朝は、直ぐ近くの山にも雪が積もり、うっらと白化粧をしていた
水溜りも薄氷りが張り、いよいよ長~い冬の始まりだ

本当に冬との闘いなんだよね
雪道で転んで骨折する人も居れば、車のスリップ事故で車を大破する人もあれば
衝突事故で命を落とす人もある
それでも北海道に住む・・・何なんだろう
皆一様に、生活さえ維持できれば北海道がいい・・・
この間、東京での「北海道暮らしフェア」でも、道内出身の青年達が、仕事があれば北海道に帰りたい・・
この問題も私達先輩が、移住も大切だが真剣に取り組まなければ課題だと思う

昨日福島1レースでチェリーへステイアが走ったが結果は惨敗、良い所無し
頑張って単・複勝を大枚5,000円ずつ買ったのに・・・

レース後、大和田師から電話で、右目の瞼を切り目が開かない状態で、ゲートの扉か何かで
ぶつけたのではないかと思います、スミマセン
レース中、終始頭を上げ、ハミを取ってないので、道悪るを気にしてるか、外から被せられているのを
気にしているのかな?と思っていたのだが

マァ、レースは生き物いろいろなアクシデントが有るよ、出走する全馬が勝ちたいのだから

群馬の方から、移住のメールを貰った
一緒に色々考えようね。

イカ釣り漁の漁り火

午後4時15分過ぎ、浦河町から自宅のある荻伏方面に車を走らす
井寒台の峠にかかる、登りきった頂きから海を眺めると
イカ釣り船の漁り火が見事に並んでる、以前は夏の風物詩だったのだが
ここ近年、シーズンに1~2度位しか見かけない光景であり、11月半ばにイカ釣り漁なぞ
あまり聞かない、気候が少しおかしい。

こんな素晴らしい光景を全国のみんなに見せてあげたい、そん事を考えながら贅沢さをひとり味わう

仲間のみんなどうしてるかナァ
馬があまり良い成績を上げないから沈んでいるんでないべか
そう云えば塩○さんと所の老犬元気になっただろうか
長年家族同様にしていた犬だから心配だ、便りが無いのも心配だけど、怖くて電話出来ないよ

杉浦さん、連絡待つてるよ。

札幌から来て10月24日に馬の宿に宿泊された杉浦さん
写真を送ろうと思っているんだけど宿帳が無いよ~
名古屋に転勤の話していたと思うけど連絡ついたらメールに書き込んでください
待ってるからね。

2012年11月22日

出走決まる

チェリーヒュドラーは東京24日土曜日3レースで出走
調子は良さそうだが1800mをどうこなすか心配だ
今度は入着馬相手だから楽なケイバはさせてくれないだろう

ポニョは次の日の大井1200mで走る予定
キッと又潰しに来るだろうが、その時はそのとき、自分の競馬をするさ
チョッと間が無くて可哀相だが、出張ケイバよりは疲労は少ないだろう

今回も行けそうに無いな・・・
観楓会や忘年会が始まり連日予約で埋まってる、有り難い事だが・・・

こちらも、昨日の朝は新聞を取りに行ってビックリ、庭が真っ白けだ
テレビでも高速道路でスリップ事故のニュースが多い、気を付けよう

2012年11月23日

ポニョに戸崎ジョッキー!

今夕、朝倉師から電話で
戸崎が乗れるみたいですよ!
オォ~良かったな

なにぶん、ポニョを知り尽くしてるジョッキーだけに心強い
頼むぜ圭太!

2012年11月25日

チェリーヒュドラー健闘!

昨日チェリーヒュドラーが走り、13着だった
着順は13着だが勝ち馬から1,4秒差で初めての1800mのレースにしては健闘した方だと思う
ゲートは良かったが内外からこられ、控える競馬になってしまったが、これは仕方ない、こんな
レース展開になるとはジョッキーや調教師も我々も思っていない、これがレースは生き物といわれる
ゆえんだ。
上がりも34,8秒で来ていればマァマァ合格点だと思うし、見習い騎手を乗せている以上こちらも
最初から割り引いて考えなくてはならない、時計1つ以上は違うし、コースや位置取り、展開の読みも
ベテラン騎手とは駆け引きが違う、今回のレースもスタートして両側から来られ挟まれ、
押さえたらハミが掛ってしまった
馬をなだめているうちに馬も騎手も体力の消耗、直線向いて、さぁ~行けと思ってもなかなか順応
出来ない、そんな中での3F34,8は立派だと思うし、師の言っていた良化途上の意味が理解出来る
横山和騎手もこんな経験を重ねながら成長していくのだし、騎乗技術は良いセンスが有るので
見守るしかないだろう。
距離の適正はもう少しバリエーションを広げ答えを見つけるしかないだろうが、1800mが長いとは
思わない、むしろもう少し長くても・・・と思う。

ポニョ出走!

大井6レース
今日は応援に行けないけど
勝ち負けなんてどうでもいいよ、無事にだけ走って来てくれ!

ミネオさん・千春さん・陽子さん・小河さん・横浜の0崎さん・塩Mさん(元気出せよ)・
いつも応援幕を張ってくれてる皆さん、寒いから風邪をを引かないように暖かい支度をして
下さいね。

2012年11月27日

ポニョまた・・・骨折・・・俺の心も折れそうだよ

残念だが・・・
報告します・・・
膝関節の上部が剥離しているのと、その他に関節の骨膜炎を発症していました
原因はいろいろ考えられるが、全て結果論、誰彼の責任ではない
最大の責任者は私です

彼は産まれた時から右前肢が外を向いている極端な外向肢であった
何の障害も無く、普通の親子のように母親から授乳出来る環境であれば
成長過程の中で、他の子供たちと遊び、飛び跳ねながら走り回り運動しだんだん真っ直ぐに
直っていく馬が多いのだが、特殊な環境で育ったために、運動不足が最大の原因であるのだろう

1歳の1月、荻伏共同育成場で調教が開始された時点でも、右前肢の返しが気のなっていた
そのため、8月に化骨検査のレントゲンを撮り、獣医から「化骨の成長は完全ですよ」と
告げられても速いタイムを出すのは、それから1ヶ月程伸ばし過程を見た

調教中、膝に異変が有ると云う事はまったく無く、ホッカイドウ競馬場に入厩した
その後もハードに使われたが、膝のトラブルの報告は受けていず
私の思い過ごしか・・・なんて楽観していたが・・・

最初の骨折の時も、当歳の頃の肢勢が頭を横切る(過ぎる)が、馬場のせいかな?なんて
自分の考えを否定して打ち消してしまった
元プロの立場で振り返れば、1200m、1,13,2秒で走破する事自体、
あの膝での軸回転では無理が懸かる

これから痛みが取れてから、栃木に移動し手術をし、近くの育成所で2ヶ月ほど静養します、
今後の事はオーナーでもある息子の神谷や、ポニョを応援してくれる全国の多くのフアンの皆様と共に考えて進めて行きたいと思います

私の胸中は複雑です
ポニョは私達の子供だ・・・と叫ぶ父親の私と
ポニョは競走馬としての宿命を背負っているんだぞ、何とか解決法を考えろ・・・と叫ぶ調教師としての私
あの、右前肢の返しを何とかして、膝の負担を少しでも和らげられないだろうか・・・
父ちゃんプロだろうが!・・・ポニョも叫んでるよ

競走馬を辞めるのは簡単な事・・・
手術もしなくて済むし、経費もかけずに済む、ポニョにも負担をかけずに済む
でもそれでは、単なるペットに過ぎない
骨折していてもゴールを駆け抜けたゴールデンウルフを、「金狼」を蘇らせたい
それには、どうしたらいいか?
今考えられる事は・・・手術が無事に終える事だが・・・
(前回は3時間も4時間も千春さんが一人で立ち会ってくれた)

今後は、速いペースはでは、又同じ事に成ると思う
もう少し、ゆったりした距離で走らせてあげたい・・・しかし血の宿命が有るからなと言う私
ハナズゴールの例も在るじゃないか!・・・と闘う、二人の私
乗馬にしたら・・・の、父親の私

今日の浦河は経験した事の無い暴雨風が吹き荒れている
うちの隣りの建設中のログハウスの柱が倒れて、隣の家の壁とうちの側の牧柵を壊した

俺の心と・・・一緒だな・・・

2012年11月28日

ポニョ、3日に手術

ポニョの手術が3日に決まりました
新潟の馬主で古き友人の宮嶋さんのお世話で獣医さんや育成所の段取りををして頂き
朝倉師からレントゲン写真も獣医師の手元に転送され準備は順調に進んでいるようです
90人近い方々がポニョを心配をしてくれ、ブログを開いてくれています、ありがとうございます
術後は栃木県の小山乗馬で休養予定です、詳しい事は後ほどお知らせします

ポニョの今後は術後、回復を見て考えたいと思います

旅行雑誌じゃらんの全国地図の中から北海道をクリックし
えりも・日高エリアをクリックするとホースヴィレッジ・ペンション馬の宿が見れるようになりました
リピーターの方は写真を見て思い出して下さい
少しずつ写真を入れ替え地元の様子をお伝えしようと思います

今の感動は、元浦川を上るする鮭の遡上とオオハクチョウの姿でしょうね
稚魚から川を下り太平洋を目指し、5年の歳月を経け回遊し、皮も破れ傷だらけに成りながら子孫を残すため産まれ故郷に帰る姿は、現場を見た人にしか理解していただけないだろうが、涙が零れるほどの感動です
そして、川や牧場にはシベリアの方から何日も懸け飛来してきたオオハクチョウの姿があります
白い生き物が、ただ、泳いだり餌を啄ばんだりしているだけなのに、私達の頬を緩ませ穏やかな気持ちにさせてくれる
私共のペンションも、娯楽施設と呼ばれるものは無いもありません
倒木が川を流れ、何年も経け海を漂い辿り着く流木の砂浜、日高山脈の雪解け水の伏流水で育った、ヤマベや岩魚の棲む渓流元浦川、超軟水の伏流水で育った山菜、清流が辿り着く河口で育つ昆布や
それを食べるウニ、毛カニ、や松川やツブ・ホッキなどの魚介類
馬に触れる事と乗馬、と自然な環境しか在りませんが、俗界を忘れ2~3日のんびりしたい方達には
くつろげる所だと思います。
地元食材の郷土料理のおもてなししか出来ませんが、全てが自然食材です
これから、薪ストーブの炎を囲みながらの団欒もおつなモンですよ

お待ちしています、そして・・・お帰りなさい。

近くに温泉も在りますしね

2012年11月29日

チェリーメドゥーサ好調!

昨日の朝、小西師から電話が入る

今、追いきり終わりました!調子イイデすね!
時計は50~36~12秒台です!と声が弾んでる

先生!どのコースで追い切ったの?

坂路ですよ!体重も444キロ有り体も戻ってきました

先生!田辺君乗れるんでしょうね?

大丈夫ですよ!

これで一安心、来週は調整だけで行けそうだ
JCカップを勝った馬と五分に走っていたんだから、来年はもっと飛躍の年に
そして上に向かってチャレンジしましょうよ先生!
なんたって控えめなんだから!もっと自信を持って、馬を信頼して行け!
との、(殿かもしれないな)我がまま会長のお言葉です

まずは、GⅢから行きましょうよ。

ポニョは少し予定変更!
レントゲン写真を見てから判断します
話だけでは混乱するので、もう少し状況内容を把握してから
お知らせします。
ご心配をお掛けして申し訳有りません。

メドゥーサとポニョの関係を知らない方は、なんで同じ欄に書き込みだ?
なんて思われるかも知れませんが、彼女と彼は幼馴染で当歳の頃、イーストファームで
一緒に遊んだ仲なんですです
そして、休養の時もイーストファームで同じ時期を二人だけで過ごし、グランデファームでも
メドゥーサのパートナーとしてお相手をしていた仲なんです、骨折開けのポニョには期間が少し早かったのですが、他にパートナーが居なかったのでポニョには可哀相な事をしましたが、彼は喜んでいました、
今は、雲泥の差になりましたが、当時の彼が居なければ休養明け即好成績に継ながら無かった
事は、現場のグランデファームのスタッフが一番認識している、それだけに両馬が好成績を
挙げた時のスタッフの喜びは“ひとしお”であった。

そんな経緯があった事なので、一緒に書き込みました。
メドゥーサもきっと心配していてくれると思うから・・・頑張ろうな。

チェリーサターンも調子良さそう

12/2日の東京1200mダートの出走枠に入りました
追い切りの具合も良好と勢司師から電話が入る
チョッと距離が足らないような気がするけど・・・どうだろうか?

千春さんから
ポニョ手術するなら現場に立ち会います!との電話
有りがたい事です・・・

でも、もう少し待ってくださいね、写真を見ますから。

2012年11月30日

何か変だ

ポニョの事であっという間の1週間だった

一番辛いのはポニョだけど、一頭の馬のトラブルで毎日60人~多い時は90人位の
方々から励ましのメールを戴いた・・・
今の時代に人情話と思うけど、結構、純粋に馬や、動物を可愛がってくれるな人が多い事に
驚きと共に安堵感を持った

ここ4~5日、おかしな天気ばかり続く
我が家からペンションまで庭を横切るのに30m位しかないのだが、
あの強風の朝、ペンションの玄関に付くまで、3回飛ばされ脇の牧柵に叩きつけられた
地面に力を入れ、牧柵に摑まり前傾姿勢で、こごまって歩かなければ歩けない
往復したら、両腿がぱんぱんに張って筋肉痙攣を起していた、初めて馬に跨った時の事が思い出された

ペンションの隣りに建設中の家の柱が倒れ、向こう隣りの家の壁を壊してしまった
風速39mだったと、後からテレビで知る
ここに住んで、今年7年目だが初めての経験だ、テレビの放送で観測史上初を伝えてる

そして今日は朝から雪だ!
何か変だな?

みんなも気を付けて下さいね

何だかモタモタしていまだに写真が届かないんだわ
ホントに時代錯誤もいいとこだよな、パソコンの意味がないべさ!

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2012年11月

2012年11月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type