« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月 アーカイブ

2012年12月04日

話題が飛んでるけど

いったいどうなってんだこの天気
朝から風雨が強く、今朝もカアチャンを職場まで送って行った
風が強いのが困るんだよね
天井のロフトのガラス窓から雨が刺さってきて、雨漏りがするんだ
パッキンが悪くなったのかも知れないが、まだ築6年だからな、業者!しっかいせいや!
これが友達だからあまり強く言えないんだよな、いろいろ事情も知ってるし
カアチャンからはギャギャ云われるんだけど・・・

明日のポニョの移動は大丈夫だべか
宮城の猪俣育成場に行く予定なのだが・・・
今日にはレントゲン写真が届くだろうから緊急に獣医師と相談して決めなければ成らない

今、写真の到着を待てず担当医の塗木先生に電話をした

膝上部のトウ骨に剥離部分は有るが、すでに化骨化して癒着しているので剥がさない方が
馬にも負担がかからないし、手術語の骨膜炎の心配も起きないのでそちらの方が
ベターだ、との判断に同意した

これから3ヶ月間は動かせない、厩で春を待つしかないか
コブシの花が咲く頃まで、辛抱だな・・・
お前は
痛ければ、痛いと表情に出せよ、破行するとか・・・
アクションを見せないから人に分かってもらえないんだぞ
我慢強いのは良い事ではないんだよ・・・
親も居ないし、兄弟も居ないし
中期育成場に連れて行っても体が小さいし、他の馬に追い回されて逃げ回ってばかりいたモンナ
それでも、人の姿を見つけると走って駆け寄り甘えていた
産まれた時から人の手で育てられて来たから、誰よりも人間を信頼している
そんな馬を競走馬に・・・チョッと複雑なんだよね今でも・・・
もう競馬に走らなくても充分にケイバフアンに貢献していてくれると思う

今度、4/19日~20日と浦河町の浦河べてるの家で、統合失調症の学会がある
全国から3百人~4百人クラスの規模で先生方や関係者が見えるらしい
そんなステージで人と馬の心のふれあい
産まれて間もない仔馬が人の行動を把握し、餌をねだったり、遊ぼうと誘ったり
父親・母親を判断し甘え方が違う、生活の中で見分けるんですね
なによりも、アイコンタクトが素晴らしい、本当に犬と変わらない能力を持っていると思う
そして人と深く接しているせいか、考えが大人だ
当歳の11月頃になると、母親との悲しい別れの離乳がある
母親も仔馬も気狂いのように鳴きお互いを呼び合う
仔馬は、やがて声も出なくなり、体力も無くなり諦める

そんなシーンを、ポニョは横目で見て知らん顔

そんなポニョの写真や動画が、1年間の成長が残されているので
この機会に、
あまり上手に言えないけど、馬と人、口の利けない動物がこんなに理解し合える・・・
きっと、時間をかけて、ゆっくりと愛情を注げば統合失調症の病も理解してもらえるのではないだろうか

という訳で、ポニョは手術をしなくても済みそうです、の報告。

今晩は・・・・ゴメン

今晩は、チョイと酔っ払った
レントゲンの写真も見たし、塗木先生とも話をしたし、マァ納得して今後に取り組めそうだ

酔っ払ってキーボードを何度も打ち直しているけど・・・
安心した・・・

みんな有難う、
北さんオレの技術で何とかさせる
千春、ミネオ、陽子、小河、塩〇、荻伏共同育成、グランデ、もちろん朝倉厩舎のスタッフのみんな
半年先かもっと先になるかも知れないけど、これからも応援よろしくお願いします。

2012年12月05日

うちのマスコット夢子です

http://youtu.be/LH1zTvmyrFo

おひさしぶりで~す

ポニョは出発

今朝、7時過ぎに大井を出発したそうです

同じく今朝、こちらの担当医であった広瀬先生にレントゲン写真を見せたところ
チョッと首をかしげ、三石の先生方とも写真を見せて相談してみます、との答え
少し不安になってきた・・・

子供の頃のポニョ

VCLP0042.M

見れるかどうかチョッと不安ですが・・・
ポニョの生後4ヶ月を過ぎた頃の動画です

テスト

http://youtu.be/_8XyAK
うまく見れるかな
ポニョが生後4ヶ月頃の動画です

メールアドレス
horse-tr.miyashita@muse.ocn.ne.jp

元浦川に帰ってきた鮭

http://youtu.be/5eP5YdzwNCI

元浦川に帰ってきた鮭の遡上です

傷ついても、帰るふるさとがあるのは・・・うらやましいな

ポニョ!無事猪俣育成に到着!

いましがた、ポニョが無事に休養先の猪俣育成場に到着したそうです
猪俣氏からゴールデンウルフと言うからもっとゴツイ馬を想像してたんですが
馬運車に入ったら、小さくてとても綺麗な顔で、女の子と思いました、とても人なっこい馬ですね
大事に預かります、と電話の向こうで頭を下げているように感じられた

ポニョ!よかったね・・・いい人に巡り会えて
お前の人柄かな(馬柄かな?)
その内時間を作って逢いに行くから・・・風邪引くなよ

冬の使者

画像の確認
荻伏にもオオハクチョウがやって来ました

放牧場の馬たちも最初は怖がって逃げ回っていますが
少し落ち着くと恐る恐る近ずきますが、白鳥が羽根を広げると
跳んで逃げていきます
馬の方は興味が有るようですが白鳥は危害を加えないのを承知していて、無視・・・

黙って眺めているだけでも冬の寒さを忘れ顔がほころびます

雪蛍

画像の確認
写真を整理していたら
思いがけない所に雪蛍の写真を見つけました

雪蛍が好きで何年も追いかけ6年目でやっと撮れた写真が、こんなもんです
私はアマチァですので写真の技術はまったくの無知で分かりませんが
6年も7年も幼虫として地中に住み、羽化して初めて地上に顔を出し、その日ではかない命を終えるそうです、初めて雪が降る2~3日前に必ず姿を見せます、そして雪雲を連れた晩秋の冷たい風に乗って
何処えと姿を消します、雪蛍とも雪虫とも呼ばれ北海道の人たちには親しまれていますが
あまり姿を見た人たちは少ないと思うぐらいの神秘的な、雪を運ぶ妖精のような虫です
マッチ棒の頭の部分ぐらいの大きさです。

2012年12月09日

メドゥーサ大外

投票の結果・・・大外枠
マァ、中途半端に真ん中を引くくらいなら大外も良しだ
最後のゲートインだし、そんなに出遅れは無いだろう
先行グループで競馬をし、早め仕掛けで抜け出す

天気も良さそうで、良馬場で走れそうだ
自分のケイバさえ出来れば負ける要素は無いよ
仕切り直しだよ田辺君、ガンバレよ

昨日からの吹雪で、道路や空港の状況が把握できない状態なので
今日の応援は行けなくなってしまったけど
応援隊の皆さんが行っててくれるらしい、メドゥー!心配するな。

2012年12月10日

会長に異変

ワタシは元同業なので、あまり批判的なことは言いたくないのだが・・・
田辺君にはマダ、メドゥーサを、魔女を、乗りこなすだけの技術は無い
よ~くメドゥーサと話をして彼女の性格を理解したらいいよ
馬の傍に付いて、厩の中の彼女の餌の食べ方やアクションを・・・
彼女はね、人に押さえ付けられ強制されることに非常に反抗的になるんだよ
田辺君は人間だから彼女より多少知能は高いと思うんだけど、彼女のカァ~と来る
性格を利用しなければダメだよ、今の君は馬の背中で彼女とケンカしてる、馬の背中で
彼女と話が出来る位の技術と余裕を持ちナよ、マァ、彼女によく教えてもらうんだな
君は厩務員ではないので、君の学ぶべき事は、君しか乗れないメドゥーサの背中で
語り合うべきだと思う
私の所に休養に帰ってきた当初、威嚇してなかなか捕まえる事にも困難した
しかし、無視焦点を合せない
アレ?私がこんなに威嚇しているのに何で無視するの????
彼女は、人の目を見て向かってくる、だから目をそらされると目標を失い耳を立て????
どこに目標を置いたらいいか分からなくなりキョトンとした顔になる

昨日も、向こう流し、馬が行き始めた時点で逆らうことなく、ス~と彼女のご機嫌を損なうことなく
流れに乗れば、魔女はご機嫌だったかもしれない、この二走向こう流しからスパークする事を
彼女は学習していた、君は常識から判断すれば「マダ、早い!」と懸命に成って抑えてる
アレが判断ミス!彼女が魔女である事を君は忘れてた!
直線向いて、デビューして2~3戦の純真な頃の彼女しか知らない君は
直線向けば末脚のシッカリしている彼女を知っているから、追い出せば楽に交わせる
君は甘かった、彼女は魔女に変身していたのだよ

レース後、あの馬鹿田辺がと叫んだのは・・・私
私達は君のフアンであり、信頼してる小西師のお弟子さんである
だから、チェリーファミリーは君を応援しているのだ、ゆえに苦言を発したい

どう~も、田辺君とは相性が余り良くないみたいだなと私が云うと

マァ、宮下さん、後から小西さんに電話して聞いてみるみる
???・・・いつも結果で、わめき叫ぶ会長が・・・熱でも出たか・・・

家に帰ると、早速会長から電話
宮下さん、小西さんに電話しておいたから!
嫌に負けた割には声が弾んでいるな?
田辺君の事だけど、この次乗る時によく指示してあげて、その通りの乗らなかったら次は代えるべ
どうだそんな事で

余り穏便な言葉や話し方に
なんか、いつもと違うな・・・どこか悪いんだべか
会長はやっぱり、子供みたいに喜怒哀楽を表に出し、わめき騒いでた方が
皆に心配かけないみたいだと思うけどな・・・長生きして貰わなければなんないし・・・

2012年12月11日

三角点より我が家を撮影

9%E2%80%9003%E6%97%A5%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF%20026.jpg
荻伏町を知らない人達のために、紹介します

写真のず~と奥の山が日高連峰、そして襟裳岬と海に入ります

手前の川が元浦川、鮭の遡上する川です
右の海岸で投げ釣りや鮭釣りが出来ます

そして、川をどんどん、15キロぐらい上るとアマゴや岩魚、さくら鱒等の渓流釣りが出来ます

海沿いを走っている道路が国道236号の千歳~襟裳です
写真を撮ってるポイントが荻伏町市外の三角点と言う80m位の山で
ここからの景色が素晴らしいビューポイントです

伏流水の湧く荻伏町でポニョも、メドゥーサも育ちました。

2012年12月14日

デビューするまで、2年半

最近、年齢と共に考えるのだが
毎朝、当歳から繁殖馬、1歳の育成馬まで見て歩き、管理馬の
馬体に異常は無いか、歩様に変化はないか、風邪を引いてないか

こんなチェックをしながら
今年産まれた当歳達が、競馬場に行くまで、そして新馬でデビューするまで
2年半を見守り、走る馬もいれば、全然着にも入らない馬もいる
経済動物である以上、どこに行くにも預託料が発生する
繁殖馬を持った時点から、子供が産まれその仔がメイクデビューするまで
良血統馬も、三流馬の血統でも掛かる費用は一緒だ
ざっと、計算しても500万円近く、一流の育成場や厩舎に入れればもっと大きな金額なるだろう
そして、馬主が獲得する賞金(成功報酬は)新馬戦で700万円
調教師・騎手・厩務員・その他関係者の諸費用を引くと、500万円を割る
デビュー馬18頭の中の勝った馬にだけ与えられる成功報酬である
競走馬は生涯1勝も出来ずにJRAを去っていく馬たちが、データーを見れば明らかだが・・・
あえて、数字は出さない

昨日、一昨日と今年一番の寒気で、海が12月には珍しく「毛嵐」が発生してる
私も、荻伏に住んで7年になるが、こんな経験はない、毛嵐の現象は
外気がー10度以下にならないと現象は起きない
今朝は温度計を見るとー12度だ

昨夜、漁師の船長が、浜言葉の東北弁で、半分ぐらいしか理解出来ないが
何十年も漁師をしているが、こんな年は知らない
と云うような事を、酔って東北の標準語で喋っているので分からないが
多分、このような事を話してたと思う

産まれた仔っ子が、デビューするまで、無事に育って2年半・・・
永い日月が掛かる・・・
氷交じりの雪を踏みしめると、金属音が足の底に響く
尖った音に、溜息が出るが・・・これがオレの生涯の仕事・・・
妻にも好き事ばかりして迷惑を懸けてるが・・・
メドゥーサのような魔女にはもう二度とめぐり合う事はないと思うけど
牧場を飛び跳ねる仔っ子や、一生懸命人間の指示に従がおうとしている
1歳馬の姿を見ると・・・仔の子の全能力を引き出せるような環境創りをして上げようと
滑る道路を13年前製の爺さんのくれた愛車、軽4輪車のトッポ号を慎重に運転しながら
牧場巡りに向かう。

2012年12月15日

星を眺めて

今日が明けて40分、流星群を見て感激
琥珀の焼酎をロックで飲み、自分の小ささに・・・・
宇宙(そら)はいいよ!
声届かないモンナ

夜空を見てると・・・ガキの頃しか思い浮かばないけど
3つ並んだ星に、一番上がと父ちゃん、次が母ちゃん、そしてオレ、なんて眺めて15を過ぎて
戸籍を見たら、オレは血の繋がらない、あかの他人だった・・・
父ちゃん母ちゃんを捜して捜して、さまよった半世紀・・・
ポニョもオレもあんまり変わらない人生だな・・・

でも、オレもポニョも、甘ったれた人生は生きたくない
オレもポニョも1回きりに人生だから・・・
3つの時に親とはぐれ・・・後は・・・どうなることやら
ナァ・・・ポニョ
ミネオ、塩0元気か、今夜は酔っぱらっちゃったよ・・・逢いてえな・・・。

こんな朝です

IMG_0090.JPG
昨日の雪で、今朝はこんな状況です
それでも雪の下の青草を求め、前足で掘り求めています

2012年12月16日

ポニョは元気です

今、猪俣牧場に電話をしてポニョの様子を聞いてみた
大分ヤンチャが始まったらしく
口がうるさくて、と猪俣さんがこぼしていた
本気で噛みはしないのだけど、ハミをかける時など
じゃれて遊んで中々かけさせない
マァ、ヤンチャが出てきたことは痛みも取れてきたということで
良化の兆しと見るべきだろう
年明けに獣医さんが診に来てくれるそうで一安心

2012年12月21日

日高は大雪

今朝は久しぶりの青空です

浦河も、今年は珍しくこの時期に根雪になり、道路も圧雪状態です

野山の小鳥達も、餌を求めて里に下りてきて庭の小枝で鳴いていますいます
放牧している馬たちも、雪を掻き分け雪の下の青草を求め
前掻きをして掘り起こしています
白鳥たちも餌が無くて可哀相だな・・・

もう直ぐ正月か・・・
牧場を回って歩いていると・・・あまり、良い話は聞かない

当歳が売買が決まっていたのにキャンセルになった・・・
1歳の暮れになっても、誰も引き取り手がない、血統証を付けお金は要らないから・・・
家から肉馬には出せないよ、競走馬で生まれて来たのだからね・・・嘆く牧場主

日高の軽種馬牧場は大変な時期になってしまった・・・。

2012年12月22日

白鳥とカラス

IMG_0028.JPG
ねぇネェ、あの白い鳥、随分態度大きいわね、ここは私達の縄張りなのにね!
あんな長い首してさ、私たちに嫌味かしら!

なんて言ってるかどうかは分からないけど、人種?差別は好く無いな

こんな光景がペンション馬の宿の窓から見えます

ピンクに染まる日高山脈

IMG_5055.JPG
冬の荻伏元浦川からの風物詩・・・

洋上に一点の雲影のない・・・
真っ赤に染まった
水平線に陽が落ちる頃・・・

振り向けば・・・
恥ずかしそうに・・・
山肌をピンク染めた雪山がある

年に何度観えるだろうか・・・

冬の、空気の澄み切った黄昏れどき・・・
涙が出るほどの・・・感激をいただく・・・

静かに夕日が沈む・・・
その光の輝きを映す母なる海があり・・・

父なる山が・・・

すべてを・・・
一日の全てを受け止める父がる・・・
寛容な父の姿がある・・・

夕日を見つめ、海を眺め、山を仰ぎ
すべてを流す川があり
また輪廻に戻る全てがある

荻伏町に住んで良かった
一人でも多くの人にこの感動を分けてあげたい

2012年12月24日

ピンクの夕焼け

画像の確認
夕焼け

カアチャンが転んで手首にヒビ

今年の冬は厳しい

今月の初め、元牧場主の奥さんが浦河から荻伏の自宅に帰る山道の峠で
スリップ事故を起し亡くなられた

2週間ほど前も、三石の道の駅近くの橋で、スリップして橋の欄干に激突
若い青年が命を落とされた

日高地方は雪が少ない分、アイスバーンの所が多く、道路を良く把握していないと
大惨事を招く

冬を越すにも命懸け、身近に、こんだけ事故が続くと、牧場回りも怖い

家のカアチャンも、昨夜滑って、尻餅を着き
転倒するとき、尻より手が先に付いたらしく、激痛に泣いている
おそらく、ヒビぐらいは覚悟しなければなるまい

まだ、2~3日前、堺町の居酒屋“盛っきり屋”のママが店先で滑って
膝の骨を骨折、入院中
電話でママに
女将さんも気を付けてね
と、言われたばかりなのに

とりあえず、病院に行って来るわ

クリスマスイブの夕焼け

IMG_0124.JPG
久しぶりに風も無く、地平線に雲も無く
こんな日は冬のシーズンでも、そうめったにめぐり会えない

いいな~

IMG_0124.JPG

続きを読む "いいな~" »

2012年12月29日

名古屋の子供たちよ

杉浦さんご夫妻、写真とクリスマスカードありがとう
もう、1ヶ月が過ぎたんだね・・・
二人と楽しい夜が過ごせてよかったよ、又遊びに来てください

例年に無く今年の冬は雪で大変です
毎朝のように道路に車が突っ込んで横になってる姿を見ます
気を付けないとと、思わずハンドルに力が入ります
でも
冬ならではの楽しみが沢山あります
白鳥、毛嵐、毛がに、タラ、たち、寒ぶり、飯すし、カジカ鍋、目抜き鍋・・・

又逢える日を楽しみに待ってるから、帰ってくる時は連絡しなよ
それじゃ・・・ふたりとも体に気を付けてナ。

カンボジアのミネオさんへ

メール遅くなってゴメンな

いろいろあって、随分ミネオに電話しようかと迷ったんだけど
遠くに居る息子に心配かけたくないしな
1月に帰って来たら、ゆっくり飲もうや
それまで楽しみにして頑張っているよ
お前に怒られないようにしないとな、一人で異国で頑張っているんだもんな
旨い肴、用意しとくからな
体、気お付けてナ

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2012年12月

2012年12月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type