« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月03日

謹賀新年

%E5%90%B9%E9%9B%AA%E3%81%AE%E6%9C%9D.JPG
遅くなりましたが、全国の皆様
明けましておめでとう御座います

正月から、ぼやく訳ではないけれど、毎朝吹雪で、一日2~3度雪掻きしないと
道路が埋まってしまい、車も出られない
大型除雪車を運転するオッサンも「こんな年は記憶にね~ナ」

ママさんダンプと雪はねスコップが毎朝のお友達で、もう、顔を見るのもヤダ・・・
夢にまで出てくるよ・・・
台風並みの風に雪が付いてくるから、窓が壊れやしないかと心配で・・・
いいかげんに雪が止んでくれないと、腕も越も悲鳴を上げてるよ

荻伏に来て6年過ぎたがこんな経験は初めてで
全国に移住情報を発信しているが、一番の売りが
日高は冬でも雪の少ないところで、降っても箒で掃けば無くなります
訂正して見直さなければならないな・・・

家から、明けて2歳になる育成馬を調教している荻伏共同育成所まで
距離にして15km位だが、北に向かって行く為、温度差が4~5度違う
したがって雪も多いだわ・・・
堤防の道路を通ると近道なので常用してるのだが、雪が多いと
真っ白で道路が分からないし、吹雪いて先が見えない
道路の肩の上にあるポールの矢印だけが頼りだ
本当に北海道の冬を越すと云う事は命懸けである・・・
去年の暮れから、身近な人の相次ぐスリップ事故での死亡事故に遭遇すると
北海道での冬を生き抜く厳しさは生半端ではない・・・
こんな時期、災害でも起き、電気がストップしたら・・・
福島の比ではないだろう・・・

正月からあまり良い話題ではないので変えよう
ポニョも経過は良好のようで、元気に正月を迎えている様子
正月、陽子さんが宮城の猪俣牧場までポニョに逢いに行くと
言ってたな、車に気を付けてよ
メドゥーサも順調で中山を使う予定らしい

さぁ、野深にある荻伏育成所に出かけるか
本当に雪が多いからね

今年もお世話に成りますが、よろしくお願いいたします。

2013年01月04日

サァ~頑張るぞ~!

年末から年始にかけ大荒れの天気が続いた北海道
飛行機や列車の運休で影響を受けた帰省客も多かった事だとお察しする

今朝も、一昨年、千春さんが東京から送ってくれた外気表示の温度計は
ー13度を示している
朝起きて一番の仕事は、水道やトイレが凍結していないかの確認作業
今朝も二階の張り出してる東屋風のトイレの手洗の蛇口をひねる
オ~、水が出る!次はトイレ?排水のスイッチを押す・・・流れた~!
まずは一安心、それから灯油ストーブの燃料入れ、4っ有る灯油ストーブを満タンにし
夢窓庵の二階にあるストーブを点火

今年の正月はどこにも出掛けず、ず~と夢窓庵の二階で過ごした
此処に来てから、こんなにゆっくり正月を迎えたのは初めての事だと思う
暮れから正月にかけ、おせち料理三昧でよく食べよく飲んだ
時間を掛けゆっくりと・・・
太平洋の荒れた海を眺め
横殴りの暴風雪を眺め
明けて2歳馬の飛び跳ね、相撲を取っている姿を見つめ
朝夕飛んでいくオオハクチョウの姿を見つめ
雲間の切れ目に真っ白な日高連峰を仰ぐ
ストーブに架けたやかんの湯気が夢窓庵の窓を濡らす
スーと走る水滴に、ここに住んでよかったな・・・
見合す妻の目にストーブの炎が揺れる・・・
愛犬の夢子が膝の上で・・・じ~と私の顔を見つめてる
なんもさ・・・だいじょうぶだ・・・

ポニョ元気だそうです!

先ほど、陽子さんからメールが届いた

宮城の猪俣牧場までお父様の運転でポニョを見に行ってくれたそうだ
有り難い事です
 とても元気にしていたそうですので報告します

帰りの車、気を付けて下さいね
私も近じか顔を見に行きたいのですが、獣医さんが診てくれてから
と思っています。

年賀状の届かなかった方、ごめんなさいね
暮れの暴雨風と雷でパソコンが又パンクし資料も雷と共に消えました

また一から積み上げだ、パソコンが苦手だけにね~

2013年01月06日

愛犬二ナが天国へ

14年前の1月元旦生まれのミニコリーのニナが
おばあちゃんのベッドで息を引き取りました

14年と6日、長くもあり短くもある人生だった
おばあちゃんの長い長い話し相手だっただけに
昨夜、ベッドで上半身だけ起き上がり聞こえない耳を傾け
見えない目でうちのカァちゃんを探す
「2~3日が峠だな・・・」
口には出さないが見つめる3人が・・・そう感じた

小さい頃はうちのカアチャンとも暮らしていたらしく
ニナには特別の人だったようだ

今朝、3人でコーヒーを飲みながら
涙で瞼を腫らすおばあちゃんに
「おばあちゃん、悲しむのはよそう、二ナに感謝をして葬ってあげよう・・・
いろいろな思い出をありがとう・・・」
いちばん仲の良かったミニピンのチャッピーがベッドに上がり・・・
早く起きろと・・・吠えている・・・

やさしさを・・・ありがとう・・・思いやりを・・・ありがとう・・・
合掌。

2013年01月08日

浦河、今日は快晴

今朝は風も無く、お日様も眩しいぐらい輝いている
絶好の写真日和なんだけど・・・何となくそんな気になれない

これからニナの遺骨を連れて帰らなければならないし・・・
すぐ泣く、おばァちゃんの顔を見るのが辛い
「おばァちゃん、オレ一人で引き取りに行って来るから、二ナが帰って来るの
家で待ってて」
「私も行きたいのだけど・・・」
「ダメ!あんな寒い所、風邪でも引いたらどうするの!」
「そうかい・・・ダメかい・・・」
もう、ばぁちゃん涙声
「帰って来たら、ず~と一緒に居れるべさ」

ユウさんご夫婦がお悔やみに来てくれた
私が、家を出て、日赤病院に入院している居酒屋「盛っきり屋」のママをお見舞いに行こうと
国道に出て東栄の町に入った頃
オ~、ランクルが来る、いいな~ランクルは・・・
すれ違いざま、対向するランクルからクラクションが鳴った
うん・・・ユウさんだ!、車ばかり見とれて運転している人見なかった
どこかお使いにでも行くんだべか?
私はそのまま日赤に向かった・・・
それが、家にお悔やみに来てくれた時だった事を、帰ってきてから知った
ありがとうユウさん、スミ子さん・・・

さぁ、迎えに行って来るか
ばぁさん、泣くなよ
オレも涙腺の強い方ではなんだからな

2013年01月11日

がんばれ!メドゥーサ!

相性の良さそうな小牧君が騎乗で大いに期待出来そうだが
展開次第で難解なレースになりそうだ
まぁ、天気は良さそうだし、実力を発揮したいものだ
もちろん明日は単勝買いだ!

2013年01月12日

自分で無理しないメドゥーサ

メドゥーサには立派なアドバイザーが沢山お見えになるので
意見の調整が大変だと思うが・・・
今日のレースを見る限り、あまり本調子ではないのだろう

3~4コーナーにかけての脚は、メドゥーサでなくても
準オープンクラスの馬ならどの馬でも使える

小牧騎手の脳裏には、前回早や仕掛けで惜敗しているので
先頭グループに並びかけて、一息入れさせた、しかし・・・
それでは田辺君が乗った時と同じだ
まぁ、直線に入り、手ごたえを感じなくなったベテランジョッキーは
あまり無理追いはしなかった・・・
鉄砲駈けする馬なので、きちんとローテーションを組み立て
少々間隔が開いても心配ない彼女なのに・・・

2013年01月16日

それぞれの朝

今朝おきて、千春さんが2年程前に東京から買って送ってくれた
外気の気温を測る温度計を見ると、-16度・・・
窓から目を海に向けると・・・
毛嵐で霧がかっているようだ

同じ敷地内に家を建てた、若い漁師のユウヤ、寒くて大変だな・・・
えりもでタラ漁の船が転覆して一人が亡くなり、船長がまだ行方不明らしい

遠くで汽車の汽笛が鳴き
夜明けを告げる
それぞれの朝が始まる
みな、無事な1日であって欲しいと願う・・・
北海道の人達は、都市部に住み人達以外は
ほとんど、車社会だから、玄関を出た時から
危険との戦いだ・・・
お互い、スリップ事故だけは気を付けよう・・・

陽子さん!
無事に東京に着いたらしけど
欠航で大変な思いしてしまいましたね
浦河から空港~札幌のホテル~又空港でキャンセル待ち、そして関空経由で東京・・・
お疲れ様でした、これに懲りずに又お出かけ下さい。

今朝はこんな朝です

%E6%AF%9B%E5%B5%90%E5%8E%B3%E5%AF%92%E3%81%AE%E6%BC%81.JPG
これが毛嵐ですよ
-10度以下にならないと見れません

2013年01月21日

雪ウサギにオオハクチョウ

画像の確認
4~5日前、ミネオさんが東京に帰る晩、食事会をした時
ミネオさんが自宅から夢窓庵に来る時なり
今、白いウサギが横切っていったよ!と目を丸くして入ってきた
エ~、ホント~と私と家内と千春さんで顔を見合す
ミネオさんもこれから飲むんでまだアルコールが入っていないしな?
と頭を捻りながら薪ストーブの薪を入れる

そしたら今朝、昨日泊まった女性が
ワァ~可愛い~!真っ白なウサギさんだ!
と、カメラを持って追いかけている
私も表に出てみる
ホント真っ白だ!
このウサギさん、ここで飼っているんですか?
いゃ~、チョッと前から住み着いているみたいだね
それにしても良く肥えてるな、それに大きい
家のミニピンよりも遥かに大きい!

それにしても、キツネに狙われないかな・・・
チョッと心配が増えた。

そして、オオハクチョウも今日から窓の外に見える
昼の、食事会の女性達も大喜びをしていた

何より、今年初めてここで冬を迎えるおばあちゃんが
テレビで見たことはあるが、素敵だね~と感激していた
荻伏は良い所だよ。

2013年01月22日

家の前の白鳥

%E5%AE%B6%E3%81%AE%E7%AA%93%E3%81%8B%E3%82%89.JPG

サイコで煎れた
コーヒーの香りを手のひらで包み

穏やかな午後のひと時に浸る

夢窓庵の窓から海を見つめていると
冬の束の間の青空にオオハクチョウが
白い翼を広げ、放牧地で草を食んでる仔馬達を驚かせる

ボヘミアンと呼ばれ
長く歩いて来た、さまざまな人生

もう振り返る頃だと思う時
コーヒーカップの湯気の中
遠い昔がぼやけて見える

家の山間を走る日高線の汽笛に
幼き頃はぐれた母親との日々が
薄れた記憶の中を辿っている

白鳥も、あともう少しで北へ帰る
夕日が海に沈むのが見えるのも、もう少し

そして、福寿草が顔を覗かせるのももう少し

いつも人生もう少し
もう少しの人生、頑張ってみょう。

2013年01月29日

時・・・

昨日も今日も冬には珍しく穏やかな日々が続く

大鷲の幼鳥が野深の橋の欄干に小魚をくわえ
様子を伺っている

明けて1歳馬たちが雪煙を上げて疾走している

日高連峰から流れる川は積雪の合間を縫って
太陽に輝き眩しい

音も無い静寂のひと時・・・

これが一番の贅沢かな・・・

2013年01月30日

冬の川

%E5%86%AC%E3%81%AE%E5%B7%9D.JPG

こんな樹氷も

%E6%A8%B9%E6%B0%B7.JPG
毎朝、気温はー12~3℃
空気が凛として肌を刺す

カメラを構える指も痛い

浜荻伏の夕焼け

%E6%B5%9C%E8%8D%BB%E4%BC%8F.JPG
ペンション馬の宿から
わずか5分か10分移動するだけで
こんなにロケーションが変わる環境に居るんです

荻伏って素晴らしいでしょう

浜荻伏からの夕焼け

%E6%B5%81%E6%9C%A8%E3%81%A8%E5%A4%95%E7%84%BC%E3%81%91.JPG
なんとかピンクに染まる日高山脈を
みんなに見てもらおうと頑張っているのだが・・・
私の腕とカメラではこんなものかな・・・

もう間も無く
夕日が山のほうに移動して
海に影を映さなくなるので
その前に・・・と思っているのだが

2013年01月31日

厳しい冬に

%E6%9C%A8%E3%81%AE%E8%8A%BD%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E9%A6%AC.JPG
一面の雪の原
前脚で掻くにも
雪が多すぎて
地面がなかなか顔を見せない
お腹空かしているだろうに・・・

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2013年01月

2013年01月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type