« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月 アーカイブ

2013年04月02日

名前応募中

2歳馬・栗毛・女の子
名前を考えてくれてる方は

horse-tr.miyashita@muse.ocn.ne.jp
まで書き込んでください、くれぐれも9文字までですよ。

2013年04月12日

陽光を浴びる小雀たち

昨夜夜中に起きてビックリ
雪が降って外が真っ白
寝ぼけてるのかと思い、もう一度目を擦りながら確認するが・・・
間違い無く・・・雪だ

それでも
今朝は、春の日を浴び、雪は溶け
庭の芝生も日増しに青みをおび
春は少しずつだが近か付いている

ペンション馬の宿もこれからがシーズン
どんな人達と今年は出会えるのか・・・楽しみだ

タラバガニのシーズンも終え、いよいよ毛ガニとウニ・カレイ・ツブ・タコと
美味しい魚介類の季節だ

ポニョも
14日には大井競馬場の朝倉厩舎に入厩する
故障がちの馬だが、頑張って欲しい。

2013年04月13日

ポニョ、今夜大井に


ポニョが今夜大井に帰ります

猪俣牧場でリンゴを毎日7~8個食べて元気一杯だそうです
牧場で軽いキャンターまで乗っていてくれたらしので
復帰も早くなりそうです
朝倉師も大変だろうが、もう一度可能性にチャレンジして下さい

陽子さん・ミネオさん・千春さん・小山さん・仁さん・北村さん・そして移住で
お世話に成った皆さん、全国の応援隊の皆さん
又応援よろしくお願いします。

2013年04月14日

ポニョ無事に到着

先程、朝倉師に電話を入れたところ
4時ごろ無事に着きました、との報告を受け
まずは一安心

皆さんに報告していきます。

2013年04月24日

第8回統合失調症学会が浦河町で開催

第8回統合失調症学会が18日のイブニングセミナーからはじまり、20日までの3日間開催された
今大会の副会長である川村利明先生や向谷地生良先生方、関係者の予想を大きく上回る
400名以上の参加者がこの田舎町の浦河町に来場して戴いた。

そして、それぞれのテーマの中で失敗談や苦労話を経験の元にみんなで意見を出し合い
ユーモアを交えたトークショーに会場も大いに盛り上がり、大盛況の大会でした。
両先生方を始めとする開催実行スタッフの成果だと思います

ペンション馬の宿も初めての方々がほとんどで
学会終了後、「夢窓庵」での飲み会が連夜・・・日が変わる1時ごろまで続き
翌朝5時に起き朝食の支度に追われ・・・少々お疲れでカアチャン機嫌が悪い

特に札幌から参加の3人組、楽しかったですよ・・・
ビール・焼酎・ワイン・日本酒と多彩なレパートリーに晩酌セットも大変・・・
生ラムのしゃぶしゃぶ鍋食べさすの忘れた、今度だな・・・

東京から参加のMさんご夫妻
お子さんの事で悩んでた・・・大丈夫だ・・・自分達の子供だべさ、もっと子供信じてやれって

東京からのKさんグループ、今度は生ラムのしゃぶしゃぶ鍋だな
それまでに、呑み過ぎて体壊すなよ。

色々な人達と出会えたのも、このイベントのお陰だ
関係者の皆様に、浦河町長に成り代わりお礼を申し上げたい心境です・・・

今回省みて、全国から大勢の先生方がお見えになり、連泊し浦河町を知って頂く絶好の機会なのに
町の対応は如何なものかと思う
一部の関係者しかイベントの有るのも知らない

観光バス3台も4台も、で、来て宿泊してくれる
宿泊して頂ける事が、いかに大切な事か理解していないようだ

まぁ、町外れで小さな宿やのオヤジの独り言かも知れないが・・・
オレは、ひとり、独りのお客さんの顔を見て仕事してる・・・だからお客さん集めるのに大変だ・・・


統合失調症と云う病気の内容を、迎える町側の人達が理解し、町を共有出来る・・・
当事者とそんな間柄に成りたいもんだな・・・

おなじ浦河町に住んでる人間だべや・・・。

山と夕日


昨日の夕方、ユウさん夫婦が店の手伝いに来てくれた

ユウさんが突然
リョウさん!あれ!と指を指した方を見ると
夕暮れの山の上に穏やかな、真ん丸い夕日が
山陰に姿を消すところだった

ユウさん!オレのカメラ使いな
急いで事務所に駆け込み撮った写真がコレ

平然と落ち着いた・・・
丸がいいな

アァ、そうだ!
報告忘れてた!

2歳馬の名前公募の件
師から、ゲート試験を受けるのに、名前が無いと受けれないので
大至急名前を付けてくれ、との、事で
いいや、2歳の内ならば又名前を変えられるから
夢子で申請してみて、とお願いしたら・・・
「ユメコ」が登録されてしまった。

2013年04月25日

4月13日ペンション馬の宿より 山に入る夕日


10日程前の写真ですが・・・

あれから・・・忙しくて
こんな写真撮ったのも忘れてた

振り返る時間も無く・・・
過ごした日々だった

こんな綺麗な夕日に出会っていたんだな・・・

2013年04月28日


春だか冬だか分からないような日々
牧場では牧草の新芽が間違いなく芽吹き
日増しに緑が濃くなる 

山勢の風がペンションの玄関脇に積んである薪を飛ばし
大切にしていた信楽焼きの壷を壊した
大事に大事にしていたのになぁ~
我が家の大事件だ・・・
ウチのカアチャンは
例によって
オトウさんが、あんな所に薪を積むからさ!
と寝言にまで文句を言ってる

しばらく、ウチの嵐も吹き荒れそうだ

日高山脈を見ると
2~3日前の雨で雪解けが進み山肌が見えていたのだが
今朝は又、冬に逆戻り、真っ白だ

春よ早く来い
日高にも・・・ウチにも

我が家のフキノトウ


2日程前、札幌から偉い大学の教授を友人が連れてきた
鮫カレイの昆布締め・刺身・毛がに・タコ刺身・イカの粕漬け・行者にんにく三味付け・牛すじ鍋・夢窓庵鍋、と大奮発の手創り料理で歓待、大いに喜んでもらえたが、友人にフキノトウの天麩羅を食べさせる約束をしていたのを、忘れたのではないが、もう、フキノトウも花が咲き天麩羅に出来る状態ではないので献立から外したら、例の友人
「マスター、フキノトウの天麩羅は?」
仕方が無く事情を説明すると
「あそこに咲いてるじゃない」
と指を差した先が、ライトアップされ綺麗に咲いてるフキノトウ
「アレはダメ!ウチの子供みたいなもんだから」
「なして?」
と不思議がる友人
話せば、又1升位は空けそうなので、かいつまんで説明
「あの置いて木は流木で、3年程前に仲間と3人で前浜から軽トラに乗せて運んできたもので
札幌の友人が「巨人の足」と命名、その流木の割れ目から去年、フキノトウが芽を出し
去年の11月頃まで枯れずに頑張り、又今年、子供を増やし顔を見せた」
食べレナいべさ!
友人、納得。
ア~疲れた。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2013年04月

2013年04月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年03月です。

次のアーカイブは2013年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type