« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月 アーカイブ

2014年07月02日

こんな綺麗な雲に出逢いました

宿泊のお客さんを案内してBTC育成坂路グラスコースで
こんな雲を見つけました

綺麗な物を素直にキレイと言葉に出せる
そんな心をいつでも持っていたい

ポニョ、8日の大井で走ります
少しは良化してると思いますが・・・
前回のレース後、久しぶりに飼葉食いが遅くなったようです
もう一度ウイナーズサークルで皆さんに写真を撮って貰いたいのですがね。

子供たちのお昼ね

初夏の優しい光の中、お乳を一杯飲んでお昼寝です
どんな夢を見てるのかな・・・

2014年07月07日

明日へのアクション

なかなかスカッとした太陽が拝めなくて・・・
其れでも仔馬たちは元気一杯です!

このパワーポニョに分けてくれ!

2014年07月11日

まだ諦めては居ない。


ゴールデンウルフのレースが終え、4日間が過ぎたが
不快感は消えない
買った負けたのは話ではなく
勝った馬も、あんな無理なレースをしなくても楽勝したと思う
私が残念なのは、その馬が勝つための捨石にされたと言う事だ
レース後、馬体に異常は見られない様だが
もし何かあれば、クレーム物だろうと思う、プロとして
3分3厘から、同厩舎の馬が2頭でケンカしてる姿は
他厩舎から見ればお笑いモノだ
2着に残ったから非難は避けられたけど。
ポニョはハードに攻めなければ、それで良いと解釈する子なので
上手いヘテではなく、ゴール板を過ぎてでも追う位の意識を植えつけさせないと
結果に結びつかない、それで竜一ジョッキーの闘志を買ったわけです
それが少しずつ成果として繋がっていると思う。

あんな馬ではない!皆がそう信じている
私の息子の馬だからでは無く、プロとしてまだまだ全能力を発揮させて居ないような
模索している姿を、ポニョに見透かされているような気がする。

2014年07月14日

何と無く警戒

昨日、BTCのグラス坂路2600mでオーストラリアのGⅠ を勝ったハナズゴール号の
勇姿を見学して来ました。1年前よりひと回りもふた回りも大きくなり、貫禄さえ伺えます
何より、精神面の成長が大きいと思います

2014年07月18日

遂に倒れました。あ

馬でなく私の方が。残念てすかしばらくお休みします。
ポニョのゴールデンウルフが頑張っているのでシルバーウルフの私
も負けずに治療に専念して頑張り屋の
所を示さなければ。皆様頑張って来るからね。

2014年07月22日

手術無事に終わりました。有り難う御座いました
29日ポニョ走ります。

2014年07月30日

皆さん、ご心配おかけしています。

7月15、あの日は1ケ月振りの休みが取れ、早めの夕食を取りかみさんとおばぁちゃんとゆっくりしようと朝から楽しみにしていた。M
「今夜は犬達ともいっぱい遊べるなぁ~かぁちゃん!」
「そうだね!久し振りだもんね!夢子喜ぶよ~」
5時頃から食事をはじめ、私はビール1杯を飲み、後から行者ニンニク酒をグラスに100㏄ほど入れ、
一口、口にした所で胸が苦しくなり嘔吐もあり、流木部屋のソファーに横になった。
胃が痛み嘔吐を模様しトイレに駆け込む、食べた物を全部出し、これで大丈夫かな?と思いソファに戻る、横になったが2~3分すると又胃が痛む、トイレに行くが出るのは胃液だけ、便器抱え脂汗が噴き出す。
「おとうさん、どうしたの?」、とかみさんが顔を出す、振り向いた瞬間、意識が無くなる

誰か、上の方から手を出して私を呼んでる!
私は懸命にその手を振りほどこうとしている
遠くでかみさんの呼ぶ声が聞こえる!
「おとうさん!しっかりして!」と背中を思い切りドンドンと叩いている
意識の朦朧とする中、「かぁちゃん、なんで俺を力いっぱい叩いてるんだろう・・・」
「どうしょう!どうしょう!と声を出しながら誰かに電話をしている、「すみこさん、あきなちやん、ゆうやの言葉は聞こえたが、意識が薄れる。

やがて救急車で浦河日赤に運ばれた
病院に着く頃は、意識も戻り
宮下さんのご主人だとスタッフの皆さんが一生懸命対応して呉れた、有難うございました。
レントゲンの結果、先生が
「これは胃で無くて、心臓かも知れない!」そう判断されて
夜中の日高路を静内の町立病院に向けて走る。
心臓と聞いて、一瞬不安が頭を過る、救急車の中はフルチンの私一人で、寂しかった。

今日最初で、少し疲れました。
また、お便り書きます。

ポニョは、師も頑張ってくれてるけど、そろそろ北海道に帰りたくなっているのかな?

2014年07月31日

みなさん、そしてかみさんに感謝です。

幾らか院内を動けるようになり、回復の喜びと、本当に多くの皆様にご心配をお掛けした事を痛感しています。
杉さんファミリー、室蘭のモカ・ミントファミリー・塩さんを始めとする東京の仲間達・とても感謝しています、復帰してから、恩返しだ!。

何よりも、かみさんに感謝だな・・・
もう一生頭が上がらないな(今でも上がらないけど)・・・
先生に言われた
「宮下さん、奥さんが看護師で良かったですね、あのまま倒れていたら、おそらくこの世の人ではないですよ。」

皆さんンも、健康には充分注意してくださいね。

秋に向けてのポニョの繋養先を探さなければ・・・

ペンション馬の宿に宿泊されたお客様にも多大なご迷惑をお掛けして居ります
深くお詫び申し上げます、一日も早い復帰で皆様に恩返しを致して行きたいと思います。
もうしばらくお待ち下さい。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2014年07月

2014年07月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2014年06月です。

次のアーカイブは2014年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type