« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月 アーカイブ

2015年11月06日

ポニョ3着!

宿泊のお客様もピークを終え、今日は広島から毎年お見えになる仲の良いご姉妹一組だけだったので、レースをネットで観れると思ったら、チェックインがポニョの発走時間と重なり「携帯電話」からの実況放送を聴く、でも、お客さんの第一声は「ゴメンなさい!ポニョの発走時間に到着して!」、ポニョ人気はスゴイ!
一年に一度お見えになるお客様まで今日にポニョの発走時間まで知ってて頂けるとは・・・
そして、去年ペンションでご一緒した応援隊長の「ようこ」さんの事まで克明に覚えて頂いており、こちらの方が、感謝です。

レースを振り返ると、着順が展開に左右されるのは仕方の無いこと、ただ、7歳うぃ迎えようとしている年齢にしては、やっと安定した自分の競馬が出来るようになって来たな、が本音です
みんなの為にも、足元に不安が無ければ、もう少し・・・。
でもこれは、厩舎サイトの努力のお陰です、本当に有り難う・・・
もう少し、アスリートとして頑張れるかな?。

2015年11月11日

ペンションの庭で遊ぶ赤ゲラ

ポニョも、もう少しもう少しで一年が過ぎ様としている、この子はこれで良いのかもしれない
来年も、もう一年走るか?・・・無事ならそれも良いかも。

冬支度で、畑の大根を30本程残しあとは全部抜いた・・・
60本以上あったかな、非常にキツイ作業で、一輪車で畑から3回往復した
重いんだわ~・・・チョット積み過ぎのせいかもしれないが、酔っ払いが歩いてる状態・・・
夢窓庵の前の庭にホースを引き、そこで洗ったのだが、20本位洗ったらころ、春先亡くなった
婆ちゃんの苦労と有り難味が身に沁みる、大変だったな~バァちゃん・・・
大根の葉は私が大好きなので良く洗い、水を切り塩漬けにして保存し、ごま油と唐辛子を入れ
醤油で味付けする、これが旨いんだよ、酒の肴によし、鰹節をかけ熱い飯に良し・・・
そんな事を思いながら、洗った大根葉をビニール袋に詰め一輪車に3袋積み、上から重石を
乗せ、水出しをする、その作業で7キロ位の石を載せようと一人で頑張っていたら、一輪車が
重みで倒れそうになり、慌てて石を持ったまま止めようと横を向いたら、重みで膝が付いてこず、グキッと嫌な音と激痛が走ったら・・・もう右の膝が云うこと利きません・・・
20年ほど前、早田牧場で場長をしている時、放馬した馬を捕まえる際、痛めた時の事が一瞬頭をよぎる、病院に行ったら、1ヶ月の絶対安静の診断を受けたが、一日も休まず仕事を続けたっけ・・・あの頃は一日も休んでなんか居れない時期だったものナ、激痛よりも懐かしさが思い浮かぶ。
そんな訳で来年の大根葉の漬物や炒め物はうんめ~ぞ。

来年の新年会の事や欲しい馬の事を考えながら庭を眺めていると、庭の方で靴屋のオッサンが
釘を打ってるような音がする・・・幻聴かな・・・
「オトウさん!あそこに鳥が居るよ!頭のテッペンが赤い!」とカァちゃんが二本の木の股を
指差す、オレは頭と言われ毛の薄くなった頭に反射的に手を置くが、庭を見ると赤ゲラだ!
これは立派な頭だ!
そんな訳でカメラに収めました。

ポニョ応援隊員、忘・新年会のお知らせ

2015年12月1日から忘年会、2016年1月1日から新年会とし、応援隊の皆様には3月30日までご利用期間として、一泊二食付き¥10,800円にて、ご宿泊して頂けます。
 尚、JRAの調教見学は12/31日、16/1/1日休み、1/2日は午前中・4日からは平常営業です
お時間の調整可能な方は是非ご利用下さい。
現在、1月9日~11日の連休が問い合わせが多いようです。
出来れば生産者・調教師・育成者・装蹄師の皆様方にお声掛けをしようと思います。

2015年11月14日

日高線が不通でも、この方法なら

ファイルをダウンロード
日高線の復旧は早急には望めそうも無い、まして冬場の交通手段は吹雪や凍結が不安
そこで、アイデアとして、空港から中央バスや北都バスを利用して大谷地バスターミナル駅まで行き、大谷地バスターミナルから道南バスのペガサス号で浦河まで直行!
空港から大谷地まで40分、大谷地から浦河荻伏市街(オギフシシガイ)のバス停まで2時間30分位、仮に10:30分に大谷地を出発すると13:6分位には荻伏に到着します、事前に連絡を頂いておけばお迎えに上がります、大谷地~浦河間は1日6本位出てますので、日高線より便利かもね、マァ日高線の車窓と比べると、海岸を走るのと違って趣が全然違いますけどね。
一日も早い復旧を望みたいですが。

冬の雪道対策に、内地の方には安心して浦河方面に来て頂けるのではないのでしょうか。
ご検討下さい、何か分からないことがあればお電話・メールを下さい。

2015年11月15日

日高線不通による便利なバス路線サポート


日高線の早期復旧は、ひだか沿線に住む我々にとっても大きな願いですが、何も対策を考えない訳にはいきませんので、一つのアイデアとして、バスによる移動は如何でしょうか?
内地の方にとっては、冬の若馬の放牧や生活、厳しい寒さの中での2歳馬の調教、そして冬ならではの魚介類の美味さ、馬好きや美食家にとっては最高の季節です、冬は近くに在る露天風呂の有る天然温泉に沈む夕日や「馬の宿」の真ん前に沈む夕日は冬しか見れません、夕日に染まる日高連峰もまた一見の値が有ると思います。
ぜひ、冬の日高路をお楽しみ下さい、宿の近くにレンタカーのお店もありますので、車の手配や分からない事がありましたら、宿の電話やメールでお問い合わせ下さい。

この姿に弱いんだナァ~

昨夜来からの雨で今朝も結構降っている
日曜日だし、今日はゆっくりするか・・・と思って休もうとするなだが
元来の貧乏人に出来ていて、休むと云う習慣が無いから、寝てられないんだよね・・・
いつも一緒に寝てる夢子は、私が出掛ける時は出窓に来て、こんな目でで見送られるんで
可哀想になってしまいます。6 

2015年11月17日

ポニョ26日出走!

いよいよ北海道も冬を迎える準備に大わらわです
私はもう既にタイヤも冬タイヤに変え、大根干しも、もう2~3日で出来上がりそうです
鮭釣りもソロソロ終りを向かえ、家の補修に来ている大工さんも今年は豊漁のようで
「今年は100本位獲げたわ!」と大威張り、早速鮭の飯寿司を漬け込むそうな
この辺の人たちは、今時期漬け込んだ飯寿司を暮れの紅白歌合戦を見ながら、蓋を開け
今年の漬かり具合はどうかな!なんて思いをしながら飯寿司を口に運ぶ
子供や孫たちが帰省し、これを食べるのが「ふるさと味」の一つの楽しみだ

今朝方、朝倉師から電話が入り26日に出走するようで、元気はすこぶる良いそうです
「東京応援隊長」のyoukoさんからメールが入り「もう1年どうですか?」ウ~ン・・・
いっぺん、ポニョの顔を見に行きたいのだがな~、馬が具合悪くならずに私の方が膝をパンク
してしまい悪戦苦闘している状態なのでなぁ~、マァ私でよかったけれど。

前回のブログで紹介したけど、千歳から静内に来るまでが、除雪をして有るので雪は無いが
カーブでのスリップに気をつけて貰いたい、国道はほとんど雪はありません、心配の方は
やはり、紹介したようにバスが安全だと思う、こちらに来てからは近くのレンタカー会社が
宿まで車を配送してくれるので安心です。

そんな訳で、機会があれば是非、JRAの育成施設での(1/1~1/2日の午前中休み)2歳馬の調教や厳冬の渡り鳥(大鷲・オジロ鷲・白鳥)などの生態や魚の美味い日高を体験して頂ければと思います。

2015年11月18日

荻伏も久し振りの好天

夜明け前、好天を予測、膝の痛いのを忘れカメラバックを担ぎ浜に向け車を走らす
周りは鮭釣りの人たちで5~6台の車が置いてある

少し離れた所からカメラをセット。

2015年11月26日

ポニョ4着!

レースの結果は仕方の無い事
ポニョは一生懸命走っているし、厩舎の皆さんも好調を維持して
下さって有難う御座います。
そして寒い中、応援隊の皆様もありがとうございます
ポニョの走ってる姿を見れるだけでも、勇気付けられます
頑張ってるなポニョ!
もう少し、騎手と呼吸がスムーズに行ければな。

2015年11月29日

平地にも初雪、今日のジャパンカップは?


今朝のペンション前の風景です。
今日明日と天気が荒れるらしい
いよいよ冬との闘いだな

今日のジャパンカップは面白そうだな~。(全然予想は当たらないけど)
ジャパンカップと云うとやはりマーベラスクラウンのゴール前の激闘が蘇る
南井ジョッキーがゴール前の狭い所から抜け出したのは、
ナリタブライアンで菊花賞を勝ち三冠を制覇したあの時の勢いだろうな・・・
予想は
心情的にはやはり個性の有るゴールドシップに勝っては欲しいが・・・
内枠を引いたラブリーデイが馬混みをどう捌き、経済コースを活かすか?
ミッキークイーンの53キロは魅力が有るしな・・・
イトウがどんな逃げを打つのか、まして前走から3キロ減は逃げ馬にとって有利だろう
外国馬も実力は伯仲してるのではないのだろうか
大外のナイトフラワーにも魅力を感じるしな・・・
非常にジョッキーの駆け引きに興味の有る一戦と成りそうだ。

カレンダー


2016年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2015年11月

2015年11月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type