« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月 アーカイブ

2016年06月06日

お久し振りで


 またお腹が成長したようで・・・

こんな季節に成りました


 昨日の朝は、7度・・・、一昨日は知床横断道路が雪で通行止め、阿寒湖の方も道路が凍結状態で
大変だったらしい。
今年も天候不順みたいだな~、牧草大丈夫だろうか・・・

家の畑も、枝豆や大根・カボチャの芽が顔を覗かせ、自力で畑耕した苦労も忘れ朝晩の水まきにも熱が入る。

2016年06月09日

ポニョの夢を見た

スタートの良いポニョはポンと出て、無理して下げずにジーと外の4番を行かせ、内に入りハミを外さず
辛抱している、馬場は悪いが騎手も我慢している、4~5番手で直線に向く、上手く外が開いた!
余り興奮して応援したので、そこで目が覚めた・・・。

ポニョ、マダマダ元気で走れよ!7歳!これからだ!
・・・なんか・・・俺に言い聞かせてるみたいだな・・・

2016年06月10日

何処が悪い訳でもないのだろうけど

今日は朝から快晴で、身も心も日本晴れ・・・とは行かないけど・・・

ポニョの昨日のレースも3角のパッチンはチョット痛かったけど
これがレースで生き物だから仕方が無いと思う
上がりもそれなりに来ては入るのだけれど・・・

ポニョに聞いて見るか・・・。

2016年06月11日

初夏の朝

何を語らいで居るのか

2016年06月12日

それぞれの想い、「馬の宿」

 最近、男性や女性の一人旅のお客様が多い
マイカーやフェリーで来る方、千歳空港からレンタカーで来る方
バスを利用され、こちらに来てレンタカーを頼まれる方
日高線の不通をいまだに知らずに、荻伏駅に迎えを頼むと言う方

背負って来た荷物は様々だが、放牧されている当ねっ仔の顔を見ると
一瞬にして目が細くなり、口元が緩む、そして童謡「おうま」が頭の中を駆け巡る

アルコールの飲める方、下戸の方、昔は飲めたけど、タバコを含め禁酒禁煙をされている方
若い方もナイスミドルの方もシルバー族の方も、本当に老若男女色々だが、地元の食材
特に、新鮮な野菜を喜んで貰える、チョット高価なトマト・今が旬の紫アスパラなどは特に好評だ
そして、前浜産の魚介類、活ツブの残酷焼き・春ニシンの備長炭1本焼き・カラスハモ・イカ・の一夜干し
鮭ハラス・イカの一夜干し、そして時期の刺身・珍味三点盛り等が夕食の膳(季節によって変わります)

翌朝の食事も、太平洋や放牧されている親子・元気な1歳馬の雄姿を望めながらの朝食は
ご飯を何杯お変わりしたか忘れるほどに、リラックスして戴けるようです

先日お帰りになったお客様も、「久し振りに爆睡し、ストレスが何処かに飛んで行きました!」と
晴々とした笑顔で味噌汁のお変わりをしていました。

「ペンション馬の宿」を構えて良かったな、そんな思いに疲れも飛んでいきます

皆さんも、頑張ってもう一働きして、疲れたら「馬の宿」を思い出してください。

カァちゃん!それまで頑張るべ~さ。


2016年06月21日

ゴールデンウルフ6/30日大井で

距離が1200mと1500mのどちらかですが、抽選により1500mの方に
廻される可能性もあるので、距離は未定です。

2016年06月27日

また間違えました

6/30日です。
距離はまだ分かりません。

2016年06月29日

余り期待はしないで欲しい

人馬共にショック療法で乗り変わったのだと思うけど
何よりも馬場が悪いだろうし、1番枠、距離延長と
不利な条件が重なった。
久々の距離だし、どんな展開になるか静観するのが妥当だと思う

日高もここの所天候不順の日が続き、今朝も15度、内地の人からすれば
涼しくてしのぎ易いと思うかも知れないが、夏の短い北海道では
魚介類や農作物に影響する、事務所の窓、寒くて開けられないんだよ
夢子もお父さんの隣の椅子の上で背中を丸めている。

2016年06月30日

応援有り難う御座います。

今日のレース結果は、ポニョ自身1500mの戸惑いの中で終わってしまった
そんな感じで、これからの参考としては、何も得る物はなかったと思う
やはり、もう1200mがベストのリズムになってしまっているのではないだろうか。

カレンダー


2016年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2016年06月

2016年06月にブログ「馬の夢工房」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2016年05月です。

次のアーカイブは2016年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

自己紹介


1943年 千葉県船橋市出身。
厩務員、騎手、調教師(28歳~48歳、621勝)を経て育成トレーナー。
早田牧場場長の時には、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、マーベラスクラウンを育成。その後数多くの重賞ウイナー馬達とめぐり合う。

*ミヤシタ塾を卒業した生徒たち*

GⅠ馬:
[朝日杯]ナリタブライアン
[皐月賞]ナリタブライアン
[ 〃 ]ナリタタイシン
[日本ダービー]ナリタブライアン
[菊花賞]レオダーバン
[ 〃 ]ビワハヤヒデ
[ 〃 ]ナリタブライアン
[宝塚記念]ナリタブライアン
[ 〃 ]ダンツシアトル
[ジャパンカップ]マーベラスクラウン
[阪神牝馬S]ビワハイジ

GⅡ、GⅢ馬:
ペガサス
イイデライナー
マイシンザン
ビーコペガサス
パルブライト
マーベラスサンデー
Powered by
Movable Type